永楽帝


内閣大学士を設置
鄭和の南海遠征
靖難の変で即位
明の第3代皇帝
建文帝
永楽帝(答)
万歴帝
洪武帝
60%

永楽帝
えいらくてい
Yong-le-di; Yung-lo-ti

[生]至正20(1360)
[没]永楽22(1424)
中国,明の第3代皇帝 (在位 1402~24) 。名は朱棣 (しゅてい) 。廟号は太宗,のち成祖。洪武帝の第4子。燕王として北平に封じられ,靖難の変を起して建文4 (02) 年に建文帝から帝位を奪った。その非難を避けるため対外的に積極政策をとり,永楽4 (06) 年ベトナム (安南) を征服し,同8年から同 22年までに5たびモンゴルに親征して,内モンゴル東部を完全に手に入れた。また宦官イシハ (亦失哈) に命じ東北を経略し,黒竜江 (アムール川) 口に奴児干都司 (ぬるがんとし) を設けて永寧寺を建て,さらに鄭和らに命じて南海を経略し,前後7回にわたり遠く西アジア,東アフリカ諸国まで朝貢させ,明の国威を示した。帝は北京遷都を行い,内外政に宦官を大いに利用し,また『永楽大典』などの大編纂事業を完遂した。
引用元:永楽帝(えいらくてい)とは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E6%B0%B8%E6%A5%BD%E5%B8%9D-36019

15世紀初め、靖難の変で建文帝を倒し明の皇帝となり、都を北京に移し、モンゴル高原・ベトナム北部などに領土を拡大。さらに鄭和の大航海により朝貢世界をひろげ、明の全盛期を現出させた。

永楽帝(1360~1424)
 明の全盛期をもたらした第三代皇帝(在位1402~1424年)。1360年、朱元璋(洪武帝)の4男として生まれ、名は朱棣(しゅてい)。燕王に封じられ北平(現在の北京)を治めていたが、第二代皇帝建文帝と対立、1399年からの靖難の役で勝利して1402年に即位した。廟号は成祖。都を北平に移して北京に移し、モンゴルやベトナムに遠征して領土を広げ、大帝国を作り上げた。また、鄭和をインド洋まで派遣するなど、積極的な海外発展を行い、明を中心とした朝貢世界を作り上げた。永楽帝は第5回目の北方遠征の帰途、1424年に内モンゴルの幕営で65歳の生涯を閉じ、北京の北西郊外に葬られた。その地は代々の明の皇帝の陵墓(明の十三陵)とされる。
引用元:永楽帝/成祖 https://www.y-history.net/appendix/wh0801-027.html