福音書、黙示録


次のうち
新約聖書に収められている
正典を全て選びなさい
申命記
ヨハネの黙示録(答)
イザヤ書
マタイ福音書(答)
マルコ福音書(答)
ルカ福音書(答)
創世記
56%

134RPPxJKF
次のうち
旧約聖書に収められている
正典を全て選びなさい
エレミヤ書(答)
サムエル記(答)
ルカ福音書
レビ記(答)
エゼキエル書(答)
創世記(答)
出エジプト記(答)
マタイ福音書
ヨハネの黙示録
引用元:ノアの方舟8人「ノア夫婦・息子3人(セム・ハム・ヤペテ)夫婦」 「エサウ」イサクの息子・長子の権利を放棄 「ラザロ」蘇生 「バラバ 」恩赦 https://seethefun.net/%e6%96%87%e7%b3%bb%e5%ad%a6%e5%95%8f/16478/

『新約聖書』(しんやくせいしょ、ギリシア語: Καινή Διαθήκη, ラテン語: Novum Testamentum)は、紀元1世紀から2世紀にかけてキリスト教徒たちによって書かれた文書で、『旧約聖書』とならぶキリスト教の正典。また、イスラム教でもイエス(イーサー)を預言者の一人として認めることから、その一部(福音書)が啓典とされている。『新約聖書』には27の書が含まれるが、それらはイエス・キリストの生涯と言葉(福音と呼ばれる)、初代教会の歴史(『使徒言行録』)、初代教会の指導者たちによって書かれた書簡からなっており『ヨハネの黙示録』が最後におかれている。現代で言うところのアンソロジーにあたる。「旧約聖書」「新約聖書」は、新旧の別による「旧いから無視してよい・誤っている、新しいから正しい」といった錯誤を避けるため、旧約聖書を『ヘブライ語聖書』、新約聖書を『ギリシア語聖書』と呼ぶこともある。内容的にはキリストが生まれる前までを旧約聖書、キリスト生誕後を新約聖書がまとめている。

内容
『新約聖書』の各書はすべてイエス・キリストとその教えに従うものたちの書であるが、それぞれ著者、成立時期、成立場所などが異なっている(そもそも初めから新約聖書をつくろうとして書かれたのではなく、著者、成立時期、成立場所がばらばらな書物をまとめて成立したものとされる)。同じように多くの書物の集合体である『旧約聖書』と比べると、成立期間(全書物のうちで最初のものが書かれてからすべてがまとまるまでの期間)が短いということがいえる。

以下は『新約聖書』27書と伝承による記者のリストである。[5]なお各書の呼称は、現代の日本キリスト教においてもっとも広く用いられているであろう『新共同訳聖書』における表記を用い、それ以外の呼称や略称も併記しておく。

福音書
イエスの生涯、死と復活の記録

マタイによる福音書 (マタイの福音書、マタイ書、マタイ伝) 税吏出身の使徒マタイ
マルコによる福音書 (マルコの福音書、マルコ書、マルコ伝) ペトロとパウロの弟子であったマルコ
ルカによる福音書 (ルカの福音書、ルカ書、ルカ伝) おそらくパウロの弟子であったルカ
ヨハネによる福音書 (ヨハネの福音書、ヨハネ伝) 使徒ヨハネ

黙示文学
ヨハネの黙示録 (ヨハネへの啓示)使徒ヨハネ
引用元:新約聖書 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%96%B0%E7%B4%84%E8%81%96%E6%9B%B8