チアーノ


1940年にベルリンで行われた
日独伊三国軍事同盟の調印式で
調印したイタリアの外相は
ガレアッツォ・◯◯◯◯?
コアダノブ
ーンレチビ
チアーノ(答)
24%

第2代コルテッラッツォ・ブカーリ伯ジャン・ガレアッツォ・チャーノ(Gian Galeazzo Ciano, detto Galeazzo, conte di Cortellazzo e Buccari, 1903年3月18日 – 1944年1月11日)は、イタリアの政治家、貴族。姓の日本語表記は「チアノ」とするものも多い。

略歴
ファシスト政権下で外交官として行動し、後にムッソリーニ自身が兼務していた外務大臣の地位を与えられ、更にアルバニア総督にも着任してファシスト政権下の外交政策に大きく関与した。ベニート・ムッソリーニの長女エッダ・ムッソリーニの夫であり、貴族でもある事からサヴォイア家を始めとする王党派と政府を結びつける役割も果たし、イタリア王太子ウンベルト2世とは昵懇の間柄であった。

イタロ・バルボ空軍元帥と並んで後継者として扱われていた時期もあったが、アルバニアでの汚職や枢軸国としての参戦に反対した事などから次第に政権から遠ざけられた。大戦後半には連合国との講和を図って党大評議会と王党派によるクーデター(グランディ決議)に加担し、義父を失脚させた。しかしイタリア社会共和国成立により身柄を拘束され、ドイツ国のアドルフ・ヒトラー総統から強い要請を受けたムッソリーニの命令によって銃殺刑に処された。
引用元:ガレアッツォ・チャーノ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AC%E3%83%AC%E3%82%A2%E3%83%83%E3%83%84%E3%82%A9%E3%83%BB%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%BC%E3%83%8E

チアーノ(Galeazzo Ciano)

[1903~1944]イタリアの政治家。ムッソリーニの娘婿。外相として日独伊三国同盟を締結。ムッソリーニ追放の陰謀に加担して処刑された。チャーノ。
引用元:チアーノとは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E3%83%81%E3%82%A2%E3%83%BC%E3%83%8E-564916