ナジ・イムレ


1956年のハンガリー動乱の際に
首相に就任して民主化政策を
打ち出すも、ソ連軍に拘束され
処刑されてしまったのは?
ジ・ナムイレ
ナジ・イムレ(答)
27%

ナジ・イムレ(Nagy Imre, 1896年6月7日 – 1958年6月16日)は、ハンガリーの政治家。閣僚評議会議長(首相:1953年 – 1955年・1956年)。

ハンガリー動乱時にソ連の侵攻に抵抗し、秘密裁判の結果処刑された。

ところが徐々に民主化、言論の自由を求める声が高まっていく中、再びナジを政権に戻そうという意見が国民に広まった。1956年に党に復帰し、同年ハンガリー動乱が勃発すると首相に復職。社会主義者や反共民族主義者との連立政権を組織し、一党独裁体制の解体・ワルシャワ条約機構からの脱退とハンガリー中立の表明など次々と民主化・自由化政策を打ち出した。しかし、一度は手を引いていたソ連軍が再び侵攻を開始しブダペストを占領するという暴挙に至った。結果、ナジはユーゴスラヴィアの大使館に逃れた。

ナジはその後、交渉のため安全と自由を保障された上で大使館を出たところをソ連軍によって拘束され、ルーマニアにその身柄を移された後KGBによる秘密裁判で1958年6月16日、絞首刑に処された。満62歳没。ナジの遺体はブダペスト郊外の市立墓苑に埋葬された。
引用元:ナジ・イムレ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8A%E3%82%B8%E3%83%BB%E3%82%A4%E3%83%A0%E3%83%AC

ハンガリー動乱(ハンガリーどうらん、ハンガリー語: 1956-os forradalom「1956年革命」)は、1956年にハンガリーで起きたソビエト連邦の権威と支配に対する民衆による全国規模の蜂起を差す。ハンガリー事件、ハンガリー暴動、ハンガリー革命とも[5]。

1956年10月23日、ハンガリーの市民が政府に対して蜂起した。彼らは多くの政府関係施設や区域を占拠し、自分たちで決めた政策や方針を実施しはじめた。ソ連軍は1956年10月23日と停戦をはさんだ1956年11月1日の2回、このような反乱に対して介入した。1957年の1月にはソビエト連邦は新たなハンガリー政府を任命し、ハンガリー人による改革を止めようとした。

蜂起は直ちにソ連軍により鎮圧されたが、その過程で数千人の市民が殺害され、25万人近くの人々が難民となり国外へ逃亡した。ハンガリーでは、この事件について公に議論することは、その後30年間禁止されたが、1980 年代のペレストロイカ政策の頃から再評価が行われた。1989 年に現在のハンガリー第三共和国が樹立された際には、10月23日は祝日に制定された。
引用元:ハンガリー動乱 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8F%E3%83%B3%E3%82%AC%E3%83%AA%E3%83%BC%E5%8B%95%E4%B9%B1