フルクサス


芸術家のジョージ・マチューナス
が1960年代に提唱した、ラテン語
で「下剤をかける」という意味
がある前衛芸術運動は?
クスフルサ
フルクサス(答)
39%
Fluxus

フルクサス(Fluxus) は、リトアニア系アメリカ人のジョージ・マチューナスが主唱した前衛芸術運動、またその組織名である。ラテン語で「流れる、変化する、下剤をかける」という意味を持つ。1960年代を代表する芸術運動として、ネオダダ、ポップアートと並び称される。

歴史:初期のフルクサス
1962年9月にジョージ・マチューナスが西ドイツのヴィースバーデン市立美術館で「フルクサス国際現代音楽祭」(全4回)を企画したのがフルクサスの始まりとされている。[1]このコンサートにはアリソン・ノウルズ、ヴォルフ・フォステル、エメット・ウィリアムズ、ディック・ヒギンズ、ナム・ジュン・パイク、ベン・パターソンらが出演した。

このコンサートは評判を呼び、翌1963年にかけて、デンマーク・イギリス・フランス・ドイツ・オランダの各都市を巡回した。まるでハーメルンの笛吹きのように、各国の現代美術家たちを刺激し、巻き込んでいった。マチューナスは、その最中の1963年2月にフルクサスを「反芸術主義による芸術共同体」としてまとめあげようとマニフェストを書き上げたが、社会的・政治的領域までに踏み込んだ「過激なアジ文」に賛同する者は一人もいなかった。 (1991年、ディック・ヒギンズはインタビューで「フランスやドイツのダダイストのように分裂するのだけは避けよう」「イデオロギー的な線引きを厳密にし過ぎないにしよう」と参加者間で話し合って決めた結果だったと明かしている。)

フルクサスは自らの「イベント」を「ハプニング」と区別していた。「イベント」は、スコアに基づき、特定の行為を明確に行うもので、日常的な物を芸術の舞台に持ち込み、その垣根を壊し、日常に芸術的な物を持ち込ませるという反芸術的な意図を持っていた。
引用元:フルクサス – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%83%AB%E3%82%AF%E3%82%B5%E3%82%B9

フルクサス
ふるくさす
Fluxus

1960年代を中心にニューヨークで展開された表現運動。1961年、ジョージ・マチューナスGeorge Maciunas(1931―1978)によって命名された。フルクサスということばは、流れ、不断の変化、排泄(はいせつ)物の放出などの意味をもつ。その名のとおりメンバーも活動も流動的で、1970年代初頭までに、ラ・モンテ・ヤング、小野洋子(オノ・ヨーコ)、ヨーゼフ・ボイス、ナム・ジュン・パイクといった各国のアーティストが入れかわりながらかかわりをもち、イベント、コンサート、出版など、ジャンルを超えたさまざまな表現を行った。芸術家の特権的な独創性を否定しようと試みたり、表現のうちに悪ふざけをもち込んだりと、その活動は、高尚かつかけがえのないもの、という既存の芸術概念を攪乱(かくらん)する側面を強くもった。この意味でフルクサスは、同時代におこったネオ・ダダやハプニングといった美術界の動きに連動するものである。とくに、アーティストが提供したアイデアに基づき、意味や価値をもたないささやかなものを箱に詰め合わせ、廉価に通信販売した一連の作品は、この運動の性質を示す一例であろう。幅広いその活動は、運動終息後もコンセプチュアル・アートやパフォーマンスに影響を与えた。[蔵屋美香]
引用元:フルクサスとは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E3%83%95%E3%83%AB%E3%82%AF%E3%82%B5%E3%82%B9-162177