金井東裏遺跡


2012年に、火山灰層の中から
鎧を身に着けた古墳時代の
成人男性の人骨が発見された
群馬県渋川市の遺跡は?
裏跡金遺井東
金井東裏遺跡(答)
44%

群馬県渋川市の金井東裏遺跡で、6世紀初め(古墳時代後期)の火山灰の地層から、鉄製のよろいを着けた成人男性の人骨1体が見つかったと、県埋蔵文化財調査事業団が10日、発表した。よろいは古墳の副葬品として出土することが多いが、事業団によると、実際に装着した状態で見つかるのは初めて。

 同事業団はよろいは胴体部分のみだったことから、戦いの最中ではなく、同じ時期に噴火した榛名山(群馬県)の火砕流に巻き込まれたとみている。古墳時代に被災した人骨が発見された例もなく、当時の災害の様子を知る上で一級史料となりそうだ。
引用元:よろい装着の人骨、6世紀の火山灰から 群馬・金井東裏遺跡  :日本経済新聞 https://www.nikkei.com/article/DGXNASDG1004W_Q2A211C1CR8000/

【平成24年12月10日付け】金井東裏遺跡に関する報道提供資料
古墳時代の甲(よろい)着装人骨の出土について(金井東裏遺跡(渋川市)

(1) 発掘調査の概要
 金井東裏(かないひがしうら)遺跡の発掘調査は、国道353号金井バイパス(上信自動車道)建設工事に伴い、平成24年9月より公益財団法人群馬県埋蔵文化財調査事業団が実施している。遺跡内には、6世紀中頃の榛名山二ツ岳(はるなやまふたつだけ)噴火による厚さ約2メートルに及ぶ軽石層が堆積し、さらにその下位に同山が6世紀初頭に噴火した時の火山灰や火砕流(かさいりゅう)が、層の厚さ約30センチメートルで堆積している。
 今回発見された甲(よろい)着装の人骨や乳児頭骨および甲部品は、6世紀初頭の火山灰で直接埋没した幅2メートル、深さ1メートルの溝内からの出土である。また現在のところ、5世紀後半の竪穴住居群は検出されているが、これらの人骨と同時期のものが検出されていないことから、今後の調査による発見が期待される。
 尚、これら人骨や甲の出土確認は11月19日であるが、その後の専門研究者からの指導・助言や詳細調査を行う必要上、今日の発表・公開に至った。
引用元:群馬県 – 【平成24年12月10日付け】金井東裏遺跡に関する報道提供資料 http://www.pref.gunma.jp/03/x4500038.html