ゲリとフレキ


次のうち、北欧神話で
主神オーディンに
付き添っている狼を
全て選びなさい
ゲルズ
フレキ(答)
ウッコ
ゲリ(答)
39%

ゲリ (Geri/Gere) とフレキ (Freki/Freke) は、北欧神話に登場する神オーディンに付き添う一対の狼である。ゲリ、フレキの名はともに「貪欲なもの[1]」の意味と解釈される。

スノリ・ストゥルルソンが書いた『散文のエッダ』第一部『ギュルヴィたぶらかし』第38章には、ヴァルハラにいる時、オーディンが自分の食物をこの狼たちに与えること、なぜならオーディンには食事の必要がないからで、彼はただワインだけで生きていることが簡潔に述べられている[2]。この神話に関するスノッリの情報源は、『詩のエッダ』の『グリームニルの言葉』第19節[3]とされている。
引用元:ゲリとフレキ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B2%E3%83%AA%E3%81%A8%E3%83%95%E3%83%AC%E3%82%AD

ゲルズ[1](ゲルド[2]、ゲルダ[3]とも。古ノルド語: Gerðr)は、北欧神話に登場する豊穣神フレイの妻となった巨人の女性である。 その名前は「垣で囲まれた播種された耕地」を意味すると考えられている[4]。

彼女はあらゆる女の中で最も美しいとされ、彼女の腕の輝きにより空と海が明るくなったと描写されている[5]。

『スノッリのエッダ』第一部『ギュルヴィたぶらかし』第37章によると、ゲルズの父はギュミル(「海」の意[4])、母はアウルボザという。母は山の巨人といわれている[6]。

伝承によっては、フレイが殺したとされる巨人ベリが彼女の兄とされる場合がある。 (ベリ#ゲルズの兄を参照)
引用元:ゲルズ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B2%E3%83%AB%E3%82%BA

ウッコ(フィンランド語 : Ukko、エストニア語 : Uku)とは、フィンランド神話で、天空・天気・農作物(収穫物)とその他の自然の事象を司る神である。

また、彼はフィンランド神話・エストニア神話(英語版)の中で最も重要な神でもあり、フィンランド語の「雷雨 (ukkonen)」とは彼の名前から派生した言葉である。カレワラでは、彼は全ての事物の神であるかのように「絶対神 (ylijumala) 」とも呼ばれており、神話で自然絡みの話となると大抵彼が登場する。

ウッコの起源は恐らくバルト神話(英語版)の「ペールコンス (Perkons)」と、古代フィンランド神話の空神「イルマリネン (Ilmarinen)(英語版))」である[注釈 1]ウッコが天空神としての地位を得た事で、イルマリネンは人間の「鍛冶屋の英雄」となった。
引用元:ウッコ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A6%E3%83%83%E3%82%B3