【京都府】鹿ヶ谷の陰謀


平安時代に鹿ヶ谷の陰謀が
起こった都道府県はどこ?
京都府をタッチ(答)
59%

一問多答
次のうち 京野菜を全て選びなさい
賀茂なす(答)
九条ねぎ(答)
鹿ヶ谷かぼちゃ(答)
聖護院だいこん(答)
伏見とうがらし(答)
堀川ごぼう(答)
金時にんじん なにわ伝統野菜
源助だいこん 加賀野菜
二塚からしな 加賀野菜
天王寺かぶら なにわ伝統野菜

ししがたにじけん【鹿ヶ谷事件】

1177年(治承1)後白河法皇の近臣が平氏打倒を企てた陰謀事件。権大納言藤原成親,僧西光(藤原師光)が中心となり,平康頼,僧俊寛,藤原成経(成親の子)らが加わった。俊寛の京都東山鹿ヶ谷の山荘で謀議をこらしたので,こう呼ばれる。平氏一門の急速な台頭は貴族層との対立を激化していたが,藤原成親は左近衛大将の地位をのぞんでいれられず,しかも平重盛・宗盛が左右大将に任命されたので平氏を憎み,上記の西光らの院近臣や北面武士の多田蔵人行綱らと結んで平氏討滅の密議を重ねるにいたった。
引用元:鹿ヶ谷事件(ししがたにじけん)とは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E9%B9%BF%E3%83%B6%E8%B0%B7%E4%BA%8B%E4%BB%B6-73206

鹿ヶ谷の陰謀(ししがたにのいんぼう)は、平安時代の安元3年(1177年)6月に京都で起こった、平家打倒の陰謀事件。京都、東山鹿ヶ谷(現在の京都市左京区)の静賢法印(信西の子)の山荘で謀議が行われたとされ、このように呼ばれる。近年では、この陰謀が平清盛によってでっち上げられたものだとする説など解釈に諸説あり、「鹿ヶ谷事件」と著す学者もいる。

影響
謀議が事実であったかどうかは当時でも疑問視する向きが多く、西光と成親が清盛の呼び出しに簡単に応じていることから、平氏側(清盛)が院近臣勢力を潰すため、もしくは山門との衝突を回避するためにでっち上げた疑獄事件の可能性もある。清盛が狙いをつけたのは院近臣の中核である西光・成親で、後白河には手を下さず福原に引き上げた。後白河は「こはされば何事ぞや、御とかあるべしとも思し召さず」と白を切ったという。また、清盛も後難を恐れて院御所への出仕を拒む諸臣に出仕を命じている(『玉葉』6月3日条)ことから、この時点で後白河への処分を見送ったと考えられている。
引用元:鹿ケ谷の陰謀 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%B9%BF%E3%82%B1%E8%B0%B7%E3%81%AE%E9%99%B0%E8%AC%80