『L.H.O.O.Q.』


絵画『モナリザ』にひげをつけた
マルセル・デュシャンの作品です
LHOOQ(答)
51%

『L.H.O.O.Q.』(フランス語発音: [el aʃ o o ky]、エラショオキュ)とは、マルセル・デュシャンが1919年に発表した芸術作品。レオナルド・ダ・ヴィンチの『モナリザ』を複製した安価な絵葉書に、デュシャン自らが鉛筆で口ひげやあごひげを描き加え、題名を付したものである。

これ以前にも日常品を加工することで芸術品に仕立て上げるか、(『泉』のように)単に名前を変えた上で画廊に飾ったことでも知られ、本作もこうしたレディ・メイド路線の延長線上に位置付けられている。

概要
題名をフランス語で発音すると「エラ・ショ・オ・キュ(èlacho o ku)」となり、「Elle a chaud au cul(「彼女はお尻が熱い」、つまり「性的に興奮した女性」といった意味)という文章になる[1]。この解釈は後年のインタビューでデュシャンも支持する所であり[2]、「下に火が付いている」位の解釈で良いとしている。

数多くの既製品の場合と同様、デュシャンは生涯にわたり本作の様々なサイズの複製を様々なメディアで発表。その1つがカードに『モナリザ』のモノクロ複製を貼っただけの、『ひげを剃ったL.H.O.O.Q.』という作品である。男性化した女性は「性の逆転」というテーマを取り入れており、女性風の筆名「ローズ・セラヴィ(Rrose Sélavy、フランス語で「エロス、それは人生」の意)」を用いていたデュシャンにとって馴染み深いものであった[3]。
引用元:L.H.O.O.Q. – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/L.H.O.O.Q.

マルセル・デュシャン(Marcel Duchamp、1887年7月28日 – 1968年10月2日)は、フランス生まれの美術家[1]。20世紀美術に決定的な影響を残した。画家として出発したが、油彩画の制作は1910年代前半に放棄した。チェスの名手としても知られた。ローズ・セラヴィ(Rrose Sélavy)という名義を使ったこともある。2人の兄、ジャック・ヴィヨン(Jacques Villon, 1875年 – 1963年)とレイモン・デュシャン=ヴィヨン(Raymond Duchamp-Villon, 1876年 – 1919年)も美術家。1955年、アメリカに帰化した。

概論
デュシャンはニューヨーク・ダダの中心的人物と見なされ、20世紀の美術に最も影響を与えた作家の一人と言われる。コンセプチュアル・アート、オプ・アートなど現代美術の先駆けとも見なされる作品を手がけた。

デュシャンが他の巨匠たちと異なるのは、30歳代半ば以降の後半生にはほとんど作品らしい作品を残していないことである。彼が没したのは1968年だが、「絵画」らしい作品を描いていたのは1912年頃までで、以降は油絵を放棄した。油絵を放棄した後、「レディ・メイド」と称する既製品(または既製品に少し手を加えたもの)による作品を散発的に発表した。1917年、「ニューヨーク・アンデパンダン展」における『噴水(泉(男子用小便器に「リチャード・マット (R. Mutt)」という署名をした作品))』が物議を醸した。その後、『彼女の独身者たちによって裸にされた花嫁、さえも』という通称「大ガラス」と呼ばれるガラスを支持体とした作品の制作を未完のまま1923年に放棄し、ほとんど「芸術家」らしい仕事をせずチェスに没頭していた。なお、チェスはセミプロとも言うべき腕前だった。

彼のこうした姿勢の根底には、芸術そのものへの懐疑があり、晩年の1966年、ピエール・カバンヌによるインタビュー[2]の中でデュシャンは、クールベ以降絵画は「網膜的になった」と批判しており、「観念としての芸術」という考えを述べている[3]。

「芸術を捨てた芸術家」として生前より神話化される傾向のあったデュシャンに批判的な声(ヨーゼフ・ボイスによる「デュシャンの沈黙は過大評価されている」など)もあったが、死後、ひそかに制作されていた遺作(『(1)落下する水、(2)照明用ガス、が与えられたとせよ』)が発表され、周囲を驚かせた。 墓碑銘に刻まれた「死ぬのはいつも他人ばかり」という言葉も有名。
引用元:マルセル・デュシャン – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%83%AB%E3%82%BB%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%83%87%E3%83%A5%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%83%B3