『路傍の石』


池田秀一主演で映画化
1937年から朝日新聞に連載
作者は山本有三
主人公は少年・愛川吾一
『路傍の石』(答)
『真実一路』
『田舎教師』
『夜明け前』
46%


『生命の冠』
『路傍の石』
『真実一路』
『女の一生』
山本有三(答)

『路傍の石』(ろぼうのいし)は、山本有三の代表的な小説である。1937年に『朝日新聞』に連載。翌1938年には『主婦の友』に「新篇」として連載。しかし、当時の時代背景の影響(検閲など)もあり、1940年に山本は断筆を決意。最終的には未完に終わった。

東京帝國大学でドイツ語を専攻した山本は、当時ドイツで流行した教養小説の影響を受けてこの作品を書いたとされる。大正期の社会主義と個人主義の対立を背景に据えていることも、重要なポイントである。

吾一の生き様は、山本自身の生い立ちと重なる部分も多いが、本人はそれを否定しており、実際、細部において山本の生き方とは異なる。

近年では、いわゆる機能不全家族(アダルトチルドレン)との関連で、一部[誰?]で再び評価されつつある。

戦前、戦後を含め4回に亘り映画化された。

1964年版
1964年6月14日公開。製作は東映。併映は「おふくろ」と、「狼少年ケン・月夜の出来事」(TVブローアップ版)。

キャスト
吾一:池田秀一
おれん:淡島千景
引用元:路傍の石 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%B7%AF%E5%82%8D%E3%81%AE%E7%9F%B3

池田 秀一(いけだ しゅういち、1949年12月2日 – )は、日本の声優、俳優、ナレーターである。東京俳優生活協同組合所属。

東京都出身。身長162cm、体重60kg。血液型はO型。元妻は女優の戸田恵子。現在の妻は声優の玉川砂記子。

来歴・人物
「声優グランプリWEB」によると、「芸能界に入ったきっかけは、最初は遊び半分みたいなものでした。児童劇団に入っている友達が近所にいて、「今度その劇団で募集しているから君も受けてみない?」と誘われてちょっと行ってみたら受かってしまったという感じで」[1] とのことであり、1958年(昭和33年)からは子役として活動し、NHKのテレビドラマ『次郎物語』の主役を務めるなど「天才子役」として名を成す。鈴置洋孝は『機動戦士ガンダム』で初共演する際、『次郎物語』の池田、『巨人の星』の古谷徹との共演に感激したという。子役時代のあだなは「秀坊」。中学生時代には、一千万人の劇場「小さき闘い」(フジテレビ)で石原裕次郎との初共演も果たしている。その後も『銭形平次』、『遠山の金さん捕物帳』、『大江戸捜査網』、『太陽にほえろ!』、『Gメン’75』、大河ドラマ 『花神』、『大岡越前』、『西遊記』など多くのドラマに若手俳優として出演を重ねた。
引用元:池田秀一 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B1%A0%E7%94%B0%E7%A7%80%E4%B8%80