流政之 彫刻家”Samurai Artist”『ストーンクレイジー』「日本アカデミー賞トロフィー」

115pXcPWINBTz
代表作に『ストーンクレイジー』
がある彫刻家で、日本アカデミー
賞の受賞者に贈られるトロフィー
をデザインしたのは?
佐藤忠良
外尾悦郎
流政之(答)
大後友市

佐藤 忠良(さとう ちゅうりょう、1912年7月4日 – 2011年3月30日[1])は日本の彫刻家。
新制作協会彫刻部創立会員。生き生きとした女性像などをブロンズや木彫で表現した。福音館書店版の絵本『おおきなかぶ』の挿絵なども手がけた。桑沢洋子の親友でもあり、教育者として東京造形大学において創立より多数の後進の教育に携わった。女優の佐藤オリヱは娘。
引用元: 佐藤忠良 – Wikipedia.

外尾 悦郎(そとお えつろう、1953年 – )は福岡県福岡市出身の彫刻家。スペイン、バルセロナのサグラダ・ファミリア主任彫刻家。京都嵯峨芸術大学客員教授。
>福岡県立福岡高等学校、京都市立芸術大学美術学部彫刻科を卒業。非常勤講師を経て、1978年バルセロナに渡りアントニ・ガウディの建築、サグラダ・ファミリアの彫刻に携わり、2013年現在は専任彫刻家。ネスレ日本のネスカフェゴールドブレンドのCMで一躍活動が日本中に知れ渡る。
引用元: 外尾悦郎 – Wikipedia.

流 政之(ながれ まさゆき、1923年2月14日 – )は、世界的に活躍する彫刻家、作庭家。”Samurai Artist”の異名をもつ。
>1923年長崎県に生まれ、幼少時代は東京で過ごす。1936年京都に移り、1942年立命館大学法文学部へ進学。その後中退し、海軍予備学生出身の零戦搭乗員として終戦を迎える。その後、世界各地を放浪、独学で彫刻を学び現在に至る。1964年にニューヨーク世界博覧会で壁画「ストーンクレージー」(日本から2500個、600tの石を運んだ。)を展示し話題を呼ぶ。1975年には、ニューヨーク世界貿易センターのシンボルとして約250トンの巨大彫刻『雲の砦』をつくり国際的評価を得る。また、作品『受』はニューヨーク近代美術館の永久保存作品(パーマネントコレクション)として収蔵されており、彼の国際的評価の高さを裏付けている。1967年には、TIMEが選ぶ日本を代表する文化人の一人に選ばれた。
>「日本アカデミー賞協会トロフィー」1978年(日本アカデミー賞協会設立メンバーになる)
引用元: 流政之 – Wikipedia.

大後 友市氏(だいご・ゆういち=彫刻家)11日午後1時9分、脳こうそくのため東京都墨田区の病院で死去、79歳。東京都出身。自宅は東京都新島村本村3の8の8。葬儀・告別式は14日午後1時から、新島村本村3の1の4、長栄寺で。喪主は妻安子(やすこ)さん。
 新島特産の抗火石を使った「モヤイ像」を多く制作。東京・JR渋谷駅前のモヤイ像(80年)は、待ち合わせ場所として広く知られている。
2010/09/12 17:19   【共同通信】
引用元: 大後友市氏死去 彫刻家 – 47NEWS(よんななニュース).