たてはたたいむ建畠大夢


代表作に国会議事堂の
伊藤博文像がある彫刻家
建畠大夢
たてはたたいむ(答)
26%

建畠 大夢(たてはた たいむ、1880年2月29日 – 1942年3月22日)は、彫刻家、帝国芸術院会員。本名は彌一郎。

生涯[編集]
1880年2月29日、和歌山県有田郡城山村大字境川(現:有田川町境川)の豪農・建畠喜助の四男として生まれる。野上尋常高等小学校を卒業後、叔父・小林山卿が大阪府で医院を開業していたため、父の希望により大阪医学校へ入学した。

しかし、医師になることを嫌い、叔父の友人・木島櫻谷の紹介で京都市立美術工芸学校に転校、1907年には東京美術学校彫刻科へ編入学して白井雨山に師事し、1911年に同校を卒業した。在学中から文部省美術展覧会に出品し、「閑静」(1908年)や「ながれ」(1911年)で三等賞受賞。

1919年、帝国美術展覧会審査員に任命され、下村観山、川端龍子、保田龍門をはじめとする同郷の芸術家と南紀美術会を組織した。1920年には東京美術学校教授に就任し、1921年に曠原社を結成。1927年、新設された帝国美術院会員となり、1937年には依頼を受けて伊藤博文銅像を製作し国会議事堂中央広間に設置された。

1940年、自身の研究所を拡大して直土会を組織し、多くの門下生を育てたが、1942年3月22日に心臓病のため63歳で死去。長男も彫刻家の建畠覚造。孫は彫刻家、日本大学芸術学部美術学科教授の建畠朔弥、国立国際美術館長、京都市立芸術大学長の建畠晢。
引用元:建畠大夢 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BB%BA%E7%95%A0%E5%A4%A7%E5%A4%A2

建畠大夢
たてはたたいむ
(1880―1942)

彫刻家。和歌山県生まれ。本名弥一郎。京都市立美術工芸学校を経て、1907年(明治40)東京美術学校彫刻科選科に入学、在学中の08年第2回文展で『閑静』が一躍三等賞を受けたのをはじめ、初期文展で受賞を重ねて注目された。19年(大正8)から帝展審査員を歴任、翌年には東京美術学校教授となり、堅実穏健な写実表現により、朝倉文夫(ふみお)、北村西望(せいぼう)とともに、大正・昭和戦前期を通じて官展系彫刻界に指導的な役割を果たした。17年北村西望と八つ手会を、21年曠原(こうげん)社、40年(昭和15)には門下生により直土会を組織した。27年帝国美術院会員。代表作に『ながれ』『感に打たれた女』『こだま』などがある。[三木多聞]
引用元:建畠大夢(たてはた たいむ)とは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E5%BB%BA%E7%95%A0%E5%A4%A7%E5%A4%A2-18719


引用元:伊藤博文 http://ys2001hp.web.fc2.com/yougo-ItouHirobumi.html