クリュサオル


ギリシャ神話でメドゥーサを
ペルセウスが倒した時に
メドゥーサの首の切り口から
生まれたのはペガサスと何?
リルュオサク
クリュサオル(答)
39%

クリューサーオール(古希: Χρυσάωρ, Chrȳsāōr)は、ギリシア神話に登場する人物あるいは怪物である。その名は「黄金の剣を持てる者」の意。ポセイドーンとゴルゴーン三姉妹の一人メドゥーサの息子。長母音を省略してクリュサオルとも表記される。

ペルセウスがメドゥーサの首をはねた際に、その流血が海(すなわちポセイドーン)にしたたり、ペーガソスと共に産まれた。つまり、ペーガソスとは双子となる。ただし、血が滴ったのは大地であるとも、傷口から飛び出したともいわれる。

生まれた時から黄金の剣を持っており、その剣を振り回したという。オーケアノスの娘カリロエーとの間にゲーリュオーンとエキドナをもうけた。
引用元:クリューサーオール – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%82%B5%E3%83%BC%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%83%AB

メドゥサ
Medusa

ギリシア神話の女怪。海ポントスの息子フォルキュスが姉妹のケトと結婚してもうけた3姉妹のゴルゴたちの1人。3人のなかで彼女だけが不死でなかったため,もとは人間の美女であったが,美しい髪の毛を自慢しすぎたため,アテナの神罰によりへびの髪をもち見た者を石化させる恐ろしい容貌のゴルゴに変えられたとする伝承もある。ペルセウスによって首を斬られて殺されたが,このとき,ポセイドンの種によって妊娠していた彼女の傷口から,クリュサオルと有翼の神馬ペガソスが出生した。彼女の頭は,ペルセウスによってアテナ女神に献上され,その聖楯アイギスの中央に取付けられたという。
引用元:メドゥサとは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E3%83%A1%E3%83%89%E3%82%A5%E3%82%B5-141533#E3.83.96.E3.83.AA.E3.82.BF.E3.83.8B.E3.82.AB.E5.9B.BD.E9.9A.9B.E5.A4.A7.E7.99.BE.E7.A7.91.E4.BA.8B.E5.85.B8.20.E5.B0.8F.E9.A0.85.E7.9B.AE.E4.BA.8B.E5.85.B8