田中英光


1949年に三鷹の禅林寺にある
太宰治の墓の前で自殺した
小説『オリンポスの果実』で
知られる作家は?
雄光野山英
上秀田中充
田中英光(答)
27%

田中 英光(たなか ひでみつ、1913年(大正2年)1月10日 – 1949年(昭和24年)11月3日)は、日本の作家。無頼派として知られる。

「出方名 英光(でかたな ひでみつ)」という筆名もある[注 1]。名前の英光を「えいこう」と音読みされる場合もある。

息子は作家の田中光二。

太宰治との出会い[編集]
就職した年に同人雑誌『非望』(1935年3月~6月、第6号で廃刊)の同人となる。『非望』第5号(1935年8月)に起稿した「空吹く風」が太宰治の目に止まる。太宰は京城に住む田中宛てに「君の小説を読んで、泣いた男がある。曾てなきことである」と書いた葉書を投函[注 2]。以後、田中の師事が始まる[2]。

1949年(昭和24年)5月、同棲相手を薬物中毒による妄想のため刺す。同年11月3日午後5時頃、三鷹市の禅林寺の太宰の墓前で、睡眠薬アドルム300錠と焼酎1升を飲んだ上で安全カミソリで左手首を切って自殺を図る。知らせを受けて駆け付けた新潮社の編集者野平健一により、同市上連雀の病院に運ばれ、処置を受けたが午後9時40分に死去した[6]。36歳没。
引用元:田中英光 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%94%B0%E4%B8%AD%E8%8B%B1%E5%85%89

相良 八重(さがら やえ、1913年11月27日 – 1967年4月29日)は、日本の元陸上競技選手である。ロサンゼルスオリンピック日本代表。田中英光の小説「オリンポスの果実」のヒロイン、“熊本秋子”のモデルとして知られる。身長166cm、体重55kg[1]。
引用元:相良八重 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9B%B8%E8%89%AF%E5%85%AB%E9%87%8D

田中英光傑作選
オリンポスの果実/さようなら 他

間違いなく、英光によって“私小説”に開眼させられた ――西村賢太

西村健太が傾倒する、無瀬派私小説家の名作6篇を厳選収録

ぼくはあのひとが好きでたまらない。ロサンゼルス五輪に参加する選手団を乗せた客船で、坂本は高跳び選手の熊本秋子に一目惚れした。しかし、2人の仲を同僚に揶揄され、ついには選手間の男女接触禁止令が出てしまう。オリンピックに参加した自身の体験を描いた「オリンポスの果実」、晩年作の「さようなら」など、珠玉の6篇を厳選。太宰治の墓前で散った無瀬派私小説家・田中英光。その文学に傾倒する西村賢太が編集、解題。
引用元:田中英光傑作選: 文庫: 田中英光 | KADOKAWA-角川書店・角川グループ http://shoten.kadokawa.co.jp/bunko/bk_detail.php?pcd=321505000089