スタヴローギン


ドストエフスキーの小説
『悪霊』の主人公です
スタヴローギン(答)
43%

『悪霊』(あくりょう、Бесы)は、フョードル・ドストエフスキーの長編小説。1871年から翌年にかけて雑誌『ロシア報知(英語版)』(露: Русскій Вѣстникъ)に連載され、1873年に単行本として出版された。

無政府主義、無神論、ニヒリズム、信仰、社会主義革命、ナロードニキなどをテーマにもつ深遠な作品であり著者の代表作。『罪と罰』、『白痴』、『未成年』、『カラマーゾフの兄弟』と並ぶドストエフスキーの五大長編の1つで3番目に書かれた。

題名は作品のエピグラフにも使われているプーシキンの同題の詩および新約聖書<ルカによる福音書>第八章三二-三六節からとられている。

晩年のニーチェがこの本を読み、とりわけキリーロフの人神思想に注目して抜書きなどをしていたことも知られている。

主な登場人物[編集]
ニコライ・フセヴォロドヴィチ・スタヴローギン
類い稀な美貌と並外れた知力・体力をもつ全編の主人公。徹底したニヒリストで、キリーロフ曰く「彼は自分が何も信じていないということさえ信じていない」。ピョートルの目論見を見抜いたり、キリーロフとシャートフを啓蒙したりと、主要登場人物へ影響を及ぼす。
引用元:悪霊 (ドストエフスキー) – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%82%AA%E9%9C%8A_(%E3%83%89%E3%82%B9%E3%83%88%E3%82%A8%E3%83%95%E3%82%B9%E3%82%AD%E3%83%BC)

悪霊1 < 全3巻+別巻>
ドストエフスキー/亀山郁夫 訳
定価(本体895円+税)
ISBN:75211-8
発売日:2010.9.9

作品
「この作品の語りだしに近い部分に、とりとめのない結婚話のエピソードがなぜ置かれているのか。ここには、『悪霊』全体の物語のひそかな回路をもつ謎が、巧みに隠されているのだ。」(訳者)

内容
最近わたしたちの町で、奇怪きわまりない事件が続発した。町の名士ヴェルホヴォンスキー氏とワルワーラ夫人の奇妙な「友情」がすべての発端だった……。やがて、夫人の息子ニコライ・スタヴローギンが戻ってきて、呼び寄せられるように暗い波乱の気配が立ちこめはじめる。
引用元:『悪霊1』(ドストエフスキー/亀山郁夫 訳) – 光文社古典新訳文庫 http://www.kotensinyaku.jp/books/book111.html