ガズナ朝、イル・ハン国、ティムール帝国


次のアフガニスタンに栄えた
王朝を、早く成立した順に
選びなさい
ガズナ朝
ゴール朝
イル・ハン国
ティムール朝
42%

ガーゴイルの手


引用元:イスラム王朝 – 世界の歴史まっぷ https://www.sekainorekisi.com/my_keywords/%E3%82%A4%E3%82%B9%E3%83%A9%E3%83%A0%E7%8E%8B%E6%9C%9D/

10世紀、アフガニスタンのガズナを都とした、トルコ系イスラーム王朝。たびたび北インドに遠征したが、それは略奪が主な理由であり、恒常的にインドを支配することは無かった。

 962年、アフガニスタンのガズナに起こったトルコ系のイスラーム王朝でイラン東部からアフガニスタン、インドの一部まで支配した。もとはサーマーン朝に仕えるトルコ人奴隷兵士(マムルーク)出身の親衛隊長であったアルプテギンは、ガズナに独立政権を樹立した。その奴隷であったセブクテギンはアルプテギンの死後、おされてガズナ朝の君主となり、北方のカラ=ハン朝と争い、さらに東方の肥沃なインドのパンジャブ地方に進出した。これがイスラーム勢力のインド進出の最初であった。
引用元:ガズナ朝 http://www.y-history.net/appendix/wh0502-015.html

ゴール朝
ゴールちょう
Ghūrids; Ghūriyān; Āl-i Shansab

アフガニスタンを支配したアフガン系ゴール族の王朝 (12世紀後期~13世紀前期) 。ガズニー朝に服属していたゴールのアラー・ウッディーン・ムハンマドは,1152年ガズニーを略奪し,ゴール朝の基礎を築いた。その後ギヤース・ウッディーン・ムハンマド (在位 1162~1202) とムイズ・ウッディーン (在位 02~06) の時代に,ガズニー朝を滅ぼし現在のアフガニスタンのほとんど全域,シンド,パンジャブ,ワーラーナシ,その他のインドの都市や地方を版図に入れた。中心はゴール地方で,首都はフィールズクーフとガズニー。 1215年ホラズム・シャー朝に両都を占領されて滅亡。同朝の北インド支配は,インドへのイスラム浸透に大きく貢献した。インドにおける最初のイスラム政権,いわゆる奴隷王朝は,ゴール朝に仕えていたトルコ人奴隷出身者によって樹立されたもの。
引用元:ゴール朝(ゴールちょう)とは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E3%82%B4%E3%83%BC%E3%83%AB%E6%9C%9D-66686

イル‐ハンこく【イルハン国】

モンゴル帝国の四ハン国の一。1258年、チンギス=ハンの孫フラグがアッバース朝を倒し、イランの地を中心に建国。都はタブリーズ。7代のカザン=ハン(在位1295~1304)の時代にイスラム教を国教とし、領土を広げ全盛期を迎えたが、1335年以降は内紛で衰退、1353年に滅亡。
[補説]「伊児汗国」とも書く。
引用元:イルハン国(イルハンコク)とは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E3%82%A4%E3%83%AB%E3%83%8F%E3%83%B3%E5%9B%BD-436549

ティムール朝(ペルシア語: تیموریان‎、Tīmūriyān‎、ウズベク語: Temuriylar)は、中央アジアのマー・ワラー・アンナフル(現在のウズベキスタン中央部)に勃興したモンゴル帝国の継承政権のひとつで、中央アジアからイランにかけての地域を支配したイスラム王朝(1370年 – 1507年)。その最盛期には、版図は北東は東トルキスタン、南東はインダス川、北西はヴォルガ川、南西はシリア・アナトリア方面にまで及び、かつてのモンゴル帝国の西南部地域を制覇した。創始者のティムール在位中の国家はティムール帝国と呼ばれることが多い[1]。
王朝の始祖ティムールは、チャガタイ・ハン国に仕えるバルラス部族の出身で、言語的にテュルク化し、宗教的にイスラム化したモンゴル軍人(チャガタイ人)の一員であった。ティムール一代の征服により、上述の大版図を実現するが、その死後に息子たちによって帝国は分割されたため急速に分裂に向かって縮小し、15世紀後半にはサマルカンドとヘラートの2政権が残った。これらは最終的に16世紀初頭にウズベクのシャイバーニー朝によって中央アジアの領土を奪われるが、ティムール朝の王族の一人バーブルはアフガニスタンのカーブルを経てインドに入り、19世紀まで続くムガル帝国を打ち立てた。
引用元:ティムール朝 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%A0%E3%83%BC%E3%83%AB%E6%9C%9D