ふかみどりのわき深緑野分



代表作に『戦場のコックたち』
がある推理作家
深緑野分
ふかみどりのわき(答)
24%

深緑 野分(ふかみどり のわき[1]、1983年[2]10月6日 – )は、日本の小説家、推理作家。

経歴・人物[編集]
神奈川県生まれ。神奈川県立海老名高等学校卒業。パート書店員だったが、専業作家に転向[1][3]。日本推理作家協会会員。
2010年、短編「オーブランの少女」で東京創元社主催の第7回ミステリーズ!新人賞(選考委員:桜庭一樹、辻真先、貫井徳郎)で佳作に入選し、作家デビュー(明神しじま「商人の空誓文」が同時入選。受賞は、美輪和音「強欲な羊」)[1]。
2013年、同社より、短編集『オーブランの少女』が刊行され、単行本デビュー。同年、2013年度 AXNミステリー 闘うベストテン第6位に、『オーブランの少女』がランクインした[4]。2014年、闘うベストテン場外乱闘篇 ROUND2 国内篇第9位に、同作がランクインした[5]。
2016年、『戦場のコックたち』で第154回直木三十五賞候補、第18回大藪春彦賞候補、2016年本屋大賞候補[6]。
引用元:深緑野分 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B7%B1%E7%B7%91%E9%87%8E%E5%88%86


内容紹介
1944年、合衆国軍のコック兵となった19歳のティム。彼と仲間たちが戦場で遭遇したささやかだが不可思議な謎とは――戦いと料理と〈日常の謎〉を連作形式で描く、著者渾身の初長編!

深緑野分
(フカミドリノワキ )
1983年神奈川県生まれ。2010年、「オーブランの少女」が第七回ミステリーズ!新人賞佳作に入選する。13年、入選作を表題作とした短編集でデビューし、その年の『AXNミステリー闘うベストテン』第6位となる。15年刊の初長編『戦場のコックたち』は、三つの年末ミステリベストランキングでベスト3にランクインしたほか、第154回直木賞、2016年本屋大賞、第18回大藪春彦賞の候補となるなど高く評価されている。
引用元:戦場のコックたち – 深緑野分|東京創元社 http://www.tsogen.co.jp/np/isbn/9784488027506