狩野正信、狩野山楽、狩野探幽


次の狩野派の画家を
早く生まれた順に
選びなさい
狩野正信
狩野元信
狩野永徳
狩野山楽
狩野探幽
狩野芳崖
38%

正元の時代に永山を探訪


久隅守景(答)くすみもりかげ、狩野派
菱川師宣 ひしかわもろのぶ、浮世絵師
河鍋暁斎(答)かわなべきょうさい、狩野派
英一蝶(答)はなぶさいっちょう、狩野派
沖一峨(答)おきいちが、狩野派
葛飾北斎 かつしかほくさい、浮世絵師
歌川国芳 うたがわくによし、浮世絵師
川合玉堂 かわいぎょくどう、日本画家
安藤広重 あんどうひろしげ、浮世絵師

066JkeggmO
幕末・明治期の技術者
狩野派の画家
ヒュースケンに写真技術を学ぶ
日本初の営業写真館を開業
上野彦馬
岸田吟香
田中久重
下岡蓮杖(答)
引用元:「下岡蓮杖」職業写真家の草分け 当初狩野派の画家 写真館全楽堂 「上野彦馬」日本初の戦場カメラマン 「本木昌造「通詞として活躍した日本活版印刷の創始者」「長崎の鉄橋(くろがねばし)」 http://seethefun.net/%E6%96%87%E7%B3%BB%E5%AD%A6%E5%95%8F/3040/

105ntNRitg
施薬院全宗 せやくいんぜんそう
大村由己 おおむらゆうこ
狩野永徳
曽呂利新左衛門
徳川家康
豊臣秀吉(答)
織田信長
上杉謙信
引用元:豊臣秀吉の側近「施薬院全宗」「大村由己(ゆうこ)」「狩野永徳」「曽呂利新左衛門」 http://seethefun.net/%E6%96%87%E7%B3%BB%E5%AD%A6%E5%95%8F/23267/


50歳で奄美大島へ移住してから
死ぬまで奄美の自然を描き続けた
「日本のゴーギャン」を呼ばれた
明治生まれの画家は?
田彦隆村島
中孝和一洋
田中一村(答)
たなかいっそん

スロット
フェノロサの助力を得て、近代日本画の礎を築いた、代表作に『悲母観音図』がある幕末から明治期の画家は狩野◯◯?
芳崖(答)


戯曲『一本刀土俵入』『瞼の母』で有名な明治生まれの劇作家は?
長谷川伸(答)
はせがわしん

かのう‐は【▽狩▽野派】

日本画の一流派。室町中期に起こり、武家政権の庇護のもとに、日本画の主流を占めつつ、江戸時代を通じて将軍家御用絵師としての家業を世襲した。始祖の正信は、禅僧の宋元画を継いで水墨画を主とし、その子の元信は大和絵の画法を取り入れ、力強い装飾性をもって武家の好みに投じた。孫の永徳は織田信長・豊臣秀吉に仕えて安土桃山時代の障壁画を代表。豊臣氏滅亡ののちは、徳川家御用絵師となり、永徳の孫の探幽に至って、江戸狩野派の基礎は不動のものとなった。その門系から狩野芳崖(ほうがい)・橋本雅邦が出ている。
引用元:狩野派(かのうは)とは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E7%8B%A9%E9%87%8E%E6%B4%BE-46011

狩野 正信(かのう まさのぶ、祐清すけきよとも、 永享6年(1434年)? – 享禄3年7月9日(1530年8月2日)?)は、室町時代の絵師で、狩野派の祖である。
狩野派は、室町時代から明治に至るまで400年にわたって命脈を保ち、常に日本の絵画界の中心にあった画派であった。この狩野派の初代とされるのが、室町幕府に御用絵師として仕えた狩野正信である。古記録から、正信は寛正4年(1463年)には京で絵師として活動していたことが明らかで、この時すでに幕府御用絵師の地位にあったと思われる。没年は享禄3年(1530年)とされ、数え年97歳で没したことになる。長男は元信、次男は雅楽助。
引用元:狩野正信 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%8B%A9%E9%87%8E%E6%AD%A3%E4%BF%A1

狩野 元信(かのう もとのぶ、 文明8年8月9日(1476年8月28日)? – 永禄2年10月6日(1559年11月5日)[1])は、室町時代の絵師。狩野派の祖・狩野正信の子(長男または次男とされる)で、狩野派2代目。京都出身。幼名は四郎二郎、大炊助、越前守、さらに法眼に叙せられ、後世「古法眼」(こほうげん)と通称された。弟は雅楽助。
父・正信の画風を継承するとともに、漢画の画法を整理(後述)しつつ大和絵の技法を取り入れ(土佐光信の娘千代を妻にしたとも伝えられる[2])、狩野派の画風の大成し、近世における狩野派繁栄の基礎を築いた。
引用元:狩野元信 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%8B%A9%E9%87%8E%E5%85%83%E4%BF%A1

狩野 永徳(かのう えいとく、天文12年1月13日(1543年2月16日) – 天正18年9月14日(1590年10月12日))は、安土桃山時代の絵師。狩野派(室町時代から江戸時代まで日本画壇の中心にあった画派)の代表的な画人であり、日本美術史上もっとも著名な画人の1人である。現存する代表作に『唐獅子図屏風』、『洛中洛外図屏風』、『聚光院障壁画』などがある。
引用元:狩野永徳 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%8B%A9%E9%87%8E%E6%B0%B8%E5%BE%B3

狩野 山楽(かのう さんらく、永禄2年(1559年) – 寛永12年8月19日(1635年9月30日)は、安土桃山時代~江戸時代初期の狩野派の絵師。狩野山雪は養子。
引用元:狩野山楽 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%8B%A9%E9%87%8E%E5%B1%B1%E6%A5%BD

狩野 探幽(かのう たんゆう、慶長7年1月14日(1602年3月7日) – 延宝2年10月7日(1674年11月4日))は、江戸時代初期の狩野派の絵師。狩野孝信の子。法号は探幽斎、諱は守信。早熟の天才肌の絵師、と評されることが多いが、桃山絵画からの流れを引き継ぎつつも、宋元画や雪舟を深く学び、線の肥痩や墨の濃淡を適切に使い分け、画面地の余白をに生かした淡麗瀟洒な画風を切り開き、江戸時代の絵画の基調を作った。
引用元:狩野探幽 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%8B%A9%E9%87%8E%E6%8E%A2%E5%B9%BD

狩野 芳崖(かのう ほうがい、文政11年1月13日(1828年2月27日) - 明治21年(1888年)11月5日)は、幕末から明治期の日本画家で近代日本画の父。幼名は幸太郎。名は延信(ながのぶ)、雅道(ただみち)。号は松隣、皐隣。盟友たる橋本雅邦[1]と共に、日本画において江戸時代と明治時代を橋渡しする役割を担うと共に、河鍋暁斎、菊池容斎らと狩野派の最後を飾った。
引用元:狩野芳崖 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%8B%A9%E9%87%8E%E8%8A%B3%E5%B4%96