「ロキ」火を司る神


北欧神話
火を司る神
神獣スレイプニルの生みの親
大のいたずら好き
ロキ(答)
ヘイムダル
フェンリル
トール
59%


北欧神話
大地の女神フィヨルギンの妻
ルーン文字の呪力を解く唯一の神
最高神オーディンの妻
フェンリル
ヘイムダル
バルドル
フリッグ(答)
フレイヤ(トーナメントでの出題肢)
引用元:「フリッグ」フィヨルギンの娘、オーディンの妻 http://seethefun.net/%E3%82%A2%E3%83%8B%E3%83%A1%EF%BC%86%E3%82%B2%E3%83%BC%E3%83%A0/34808/


北欧神話
魔法の紐グレイプニルで繋がれる
オーディンを飲み込む
オオカミの姿の巨大な怪物
フェンリル(答)

連想
北欧神話
絞める力帯はメギンギョルズ
愛用の金槌はミョルニル
雷や天候の神
トール(答)

連想
北欧神話
勇敢な戦いの神
フェンリルに片腕を噛み切られる
英語の「火曜日」の語源
テュール(答)
テュールで「0確」らしいですが変更あるかも

文字パネル
北欧神話の主神オーディンの妻で「金曜日」を意味する英語の語源ともいわれるのは?
フリッグ(答)

連想
北欧神話
光の神
角笛ギャラルホルンの持ち主
アスガルドの見張り番
ヘイムダル(答)

連想
グングニルという槍を持つ
8本足の馬スレイプニル 
「Wednesday」の語源
北欧神話の最高神
オーディン(答)

ロキ(古ノルド語: Loki)は北欧神話に登場する悪戯好きの神。その名は「閉ざす者」、「終わらせる者」の意[1]。神々の敵であるヨトゥンの血を引いている。巨人の血を引きながらもオーディンの義兄弟となってアースガルズに住み、オーディンやトールと共に旅に出ることもあった。変身術を得意とし、男神であるが時に女性にも変化する[注釈 1]。自身が変身するだけでなく、他者に呪文をかけて強制的に変身させたこともある。[注釈 2] 美しい顔を持っているが、邪悪な気質で気が変わりやすい。狡猾さでは誰にも引けを取らず、よく嘘をつく[2]。「空中や海上を走れる靴」[3](「陸も海も走れる靴」[4]または「空飛ぶ靴」[5]とも)を持っている。
元は火を神格化した存在だったと考えられており、ロキをモデルとした『ニーベルングの指環』のローゲはその点が強調されている[6]。

北欧神話序盤[編集]
巨人出身ながらも、オーディンの義兄弟となり、アースガルズで暮らしている。北欧神話最大のトリックスター[13]という説もあるが、後述の邪悪な面を見せる事からキリスト教の伝播に伴い、サタンの影響を受けたとの説もある[14]。
アースガルズに厄介事を持ち込む一方で、オーディンの槍グングニルを始めとしてトールの槌ミョルニル、フレイの船スキーズブラズニル、黄金を生み出す腕輪ドラウプニル等を騙して作らせた(『詩語法』[15])り、小人のアンドヴァリから黄金を奪う(『レギンの言葉』[16])などして神々を窮地から救い出すなどの役に立つ一面も持つ。最も仲がよいとされるのは雷神トールで、連れ立って巨人の国を冒険している(『ギュルヴィたぶらかし』[17]、『トール讃歌』など)。その際トールはロキの悪知恵によって何度も窮地を逃れる[18]。アングルボザとの間に生まれた3人の子供はどれも怪物の姿だったため、大蛇ヨルムンガルドは海に投げ捨てられた。また狼フェンリルは、のちに妖精が作った紐グレイプニルで縛られた。半身が腐っているヘルは、冥界ヘルヘイムに投げ落とされそこの支配者になった[10]。雌馬に化け、馬のスヴァジルファリとの間に8本脚の馬「スレイプニル」をもうけている[19]。ウートガルズの宮殿ではロギと早食い競争で勝負したが、ロキは彼の前に完敗した。なぜならば、ロギの正体は野火だったからである[17](『ギュルヴィたぶらかし』)。
スルトの妻シンモラが持つ剣、レーヴァテインはロキがニヴルヘイムの門でルーン文字を唱えて作り上げたとされている。
引用元:ロキ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AD%E3%82%AD