東ゴート族、西ゴート族、ヴァンダル族、ロンバルド族、ブルグント族


次のうち、ゲルマン民族を
全て選びなさい
フン族
東ゴート族(答)
ヴァンダル族(答)
西ゴート族(答)
ロンバルド族(答)
ブルグント族(答)
54%

フン族(フンぞく、Hun)は北アジアの遊牧騎馬民族。中央アジアのステップ地帯が出拠と考えられる[1]が、民族自体の出自についてはかなり以前より「フン」=「匈奴」説などがあるものの、いまだ定説となっていない。言語学的にはテュルク語族に属すると考えられている[注釈 1]。
4世紀中頃から西に移動を始め、これが当時の東ゴート族、西ゴート族を圧迫して、ゲルマン民族大移動を誘発、さらには西ローマ帝国崩壊の遠因ともなった[2]。5世紀中頃のアッティラの時代に統一帝国を築いて最盛期を迎えたが、453年に王の死去、翌年には帝国は瓦解、急速に衰退した。
同じ名称の後裔または後継者がおおよそ4世紀から6世紀に東ヨーロッパと中央アジアの一部に住んでいたと記録されている。フン族の末裔が8世紀前半にカフカスで記録されている。
引用元:フン族 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%83%B3%E6%97%8F

東ゴート族(ひがしゴートぞく、Ostrogoths)は、ゲルマン人の一派。
歴史[編集]
東ゴート族は、150年頃から黒海北岸に定住していたゴート族の一派である。220年頃、2つに分かれて活動し始める[要出典]。ドニエプル川の東側に住んだグループが、砂の多い平野に住んだことからグルトゥンギ・アウストロゴティ (Grutungi Austrogoti)[注釈 1]と呼ばれるようになったが、やがて「グルトゥンギ」の部分が無くなり、「Austrogoti」が「Ostgote」すなわち「東ゴート」に変化して、東ゴート族と呼ばれるようになった[2]。なお、もう一方のグループはドナウ川中流域に定住し、西ゴート族と呼ばれるようになった[要出典]。
引用元:東ゴート族 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%B1%E3%82%B4%E3%83%BC%E3%83%88%E6%97%8F

西ゴート族(にしゴートぞく、Visigoth)は、ゲルマン人の一派である[1]。ゴート族が歴史上は、270年頃からこの西ゴート族と東ゴート族に分かれる[2]。

西ゴート族が住んだその地域は土地が痩せていて定住に適さなかったため、比較的早い時期からローマ帝国領内に、主に傭兵として移り住んだ。ローマ東部の皇帝ヴァレンス帝やテオドシウス1世はゴート族に寛容で、帝国領内への彼らの移住を認めた。

西ゴート族の移動
375年にフン族の圧迫により大規模な移住が始まる。アリウス派キリスト教を受け入れたのもこのころと見られている。5世紀初頭に新たな指導者となったアラリック1世(アラリコ1世)は一族を引き連れてイタリア半島に侵入したが、説得に応じガリアへと撤退した。418年にはローマ帝国との契約のもと南アキタニアのトロサ(トゥールーズ)を中心に西ゴート王国を建て、フン族やイベリア半島に侵入していた他のゲルマン諸族と戦った。また時としてローマ帝国との同盟を破り争うこともあった。
その後の西ゴート族は、イベリア半島にいたイベリア人とケルト人とラテン人およびムーア人と混血して、今日のスペイン人の先祖の一派として同化していった。
引用元:西ゴート族 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A5%BF%E3%82%B4%E3%83%BC%E3%83%88%E6%97%8F

ヴァンダル族(Vandal)は、古代末期にゲルマニアから北アフリカに移住した民族。ローマ領外の蛮族による民族移動時代にローマ領内へ侵入して北アフリカにまで進軍し、カルタゴを首都とするヴァンダル王国を建国した。彼らが北アフリカに進出する前に一時的に定着したスペインのアンダルシア(もともとはVandalusiaと綴った)や、破壊行為を意味するヴァンダリズムの語源ともなっている。
近代まではゲルマン系の部族と考えられていたが、現代ではポーランド地方のプシェヴォルスク文化に起源を持つスラブ系あるいはイリュリア系民族であったと考えられている。
引用元:ヴァンダル族 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%B4%E3%82%A1%E3%83%B3%E3%83%80%E3%83%AB%E6%97%8F

ランゴバルド人(ランゴバルドじん、英: Lombards, 伊: Longobardi, 独: Langobarden, 仏: Lombards, 羅: Langobardi, ギリシア語ラテン翻字: Langobardoi)、またはランゴバルド族(ランゴバルドぞく)は一般に6世紀後半にイタリア半島の大部分を支配する王国(ランゴバルド王国)を築いたことで知られるゲルマン人の部族である。日本語においてはしばしば英語形に基づきロンバルドとも表記される。
引用元:ランゴバルド人 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%B4%E3%83%90%E3%83%AB%E3%83%89%E4%BA%BA

ブルグント族(英語:Burgundians、ラテン語:Burgundiones)またはブルグンド族は、スカンジナビア半島からボーンホルム島(Bornholm、古ノルド語による古い表記ではBurgundarholmr)、後にヨーロッパ大陸へと移住した東ゲルマン諸語を話すゲルマン人である。『Þorsteins saga Víkingssonar』(バイキングの息子トルスタインの冒険談)でヴェセティ(Veseti)が住んでいた島が「ブルグントの小島(holm)」、すなわちボーンホルム(Bornholm)である。また、アルフレッド大王によるオロシウス(Orosius)著書の古英語翻訳では「ブルグントの土地」(Burgenda land)という名前を使っている。スウェーデンの詩人であり初期の神話学者でもあるヴィクトル・リュードベリ(Viktor Rydberg、1828年-1895年)は、中世初期の文献『Vita Sigismund』に基づき、ブルグント族は自らの起源がスカンジナビアであると口承していた、と述べている。
引用元:ブルグント族 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%96%E3%83%AB%E3%82%B0%E3%83%B3%E3%83%88%E6%97%8F