コヒマール


ヘミングウェイの小説
『老人と海』の舞台となった村
コヒマール(答)
37%
Cojímar

岩佐 史絵 (トラベルライター)

米国の著名な作家、アーネスト・ヘミングウェイはキューバをこよなく愛し、多くの作品をこの地で書き上げた。そのうちのひとつ、ヘミングウェイ晩年の作とされる『老人と海』はノーベル文学賞を受賞したが、この作品の舞台となったのがこのコヒマル村である。

のどかな漁村だが、巨大なホオジロザメがこの村で引き揚げられたこともあり、『老人と海』の中に出てくる巨大なカジキやそれを食い尽くしてしまうサメなども、実際にこの村の漁師から話を聞いてインスパイアされたというのが納得だ。

 ハバナのダウンタウンから東へ約7㎞、車で行けばほんの数十分と近く、なにもないのどかな海辺の景色が広がる。小さな砦があり、その近くにはヘミングウェイの胸像が設置されている。この像はヘミングウェイの死後に村人によって建てられたといい、その材料は自らの釣り用ボートのスクリューだったとか。いかにヘミングウェイが地元の人々に愛されていたかがよくわかる。
引用元:コヒマル – キューバのおすすめ観光地・名所 | 現地を知り尽くしたガイドによる口コミ情報【トラベルコ】 https://www.tour.ne.jp/w_review/HAV/sightseeing/spot/1322217/

『老人と海』(The Old Man and the Sea) は、アメリカの作家アーネスト・ヘミングウェイによる短編小説。1951年に書かれ、1952年に出版された。世界的なベストセラーであり、1954年のノーベル文学賞受賞作とされることもある[1]。
引用元:老人と海 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%80%81%E4%BA%BA%E3%81%A8%E6%B5%B7

Cojímar is a small fishing village east of Havana, forming a ward (consejo popular) that is part of the Habana del Este municipality.

Overview[edit]
It was an inspiration for Ernest Hemingway’s The Old Man and the Sea.[1] It was also the location where during the 1940s an enormous Great white shark was caught, which is one of the contenders for the largest specimen of all time.[2] However, there is considerable controversy about the accuracy of Great white shark measurements taken before modern times.

The Estadio Panamericano is located southwest of the village.
引用元:Cojímar – Wikipedia https://en.wikipedia.org/wiki/Coj%C3%ADmar