レオナルド・ダ・ヴィンチ『聖アンナと聖母子』


ルーブル美術館所蔵の絵画
『民衆を率いる自由の女神』
の作者はドラクロワですが
『聖アンナと聖母子』の作者は?
ジェリコー
レオナルド・ダ・ヴィンチ(答)
ドラクロワ
ワトー
36%

cimg2733
cimg2734
ルーブル美術館所蔵の絵画
『民衆を率いる自由の女神』
の作者はドラクロワですが

『ナポレオン1世の戴冠式』
の作者は?
ベラスケス
ドラクロワ
ダヴィッド(答)
ラファエロ

ですが
『マルガリータ王女』の作者は?
ベラスケス(答)

『美しき女庭師』の作者は?
ラファエロ(答)

『マリー・ド・メディシスの生涯』の作者は?
ルーベンス(答)

『メデュース号の筏』の作者は?
ジェリコー(答)
引用元:ルーブル美術館最大『カナの婚礼』パオロ・ヴェロネーゼ http://seethefun.net/%E6%96%87%E7%B3%BB%E5%AD%A6%E5%95%8F/29861/


代表作に『エプソムの競馬』
『メデュース号の筏』がある
19世紀初頭のフランスの画家は
テオドール・◯◯◯◯◯?
ホルッコオ
ラサリエー
マェァチン
ジェリコー(答)


レオナルド・ダ・ビンチの師匠
ヴェロッキオが彼と共同で制作
した絵画で、弟子の描いた天使を
見て画家を辞めたとされるのは?
『聖ヒエロニムス』
『東方三博士の礼拝』
『キリストの洗礼』(答)
『白貂を抱く貴婦人』
引用元:「ACミラン」「インテル」レオナルド監督 http://seethefun.net/%E3%82%A2%E3%83%8B%E3%83%A1%EF%BC%86%E3%82%B2%E3%83%BC%E3%83%A0/32521/


『聖アンナと聖母子』(せいアンナとせいぼし、(伊: Sant’Anna, la Vergine e il Bambino con l’agnellino、仏: La Vierge, l’Enfant Jésus et sainte Anne)は、ルネサンス期の芸術家レオナルド・ダ・ヴィンチが1508年ごろに描いた絵画。聖母マリアと幼児キリスト、そしてマリアの母聖アンナが油彩で描かれた板絵で、パリのルーヴル美術館が所蔵している。自身が将来遭遇する受難の象徴である生贄の子羊をしっかりと手でつかむキリストと、それをたしなめようとしているマリアの姿が描かれている。

構成[編集]
『聖アンナと聖母子』は一見すると優しげで穏やかな絵画だが、詳細に分析するとなると難解な作品といえる。描かれている三者は極めて密接な構成で、マリアとキリストのポーズは強い関連性を持って描かれている。しかしながら構成を注意深く見ると、マリアがアンナの膝の上に座って描かれていることがわかる。この構成が何を意味しているのか、レオナルドがどのような意図でこのようなポーズでアンナとマリアを描いたのか、現在に至るまで判明していない。このような構成で描かれた絵画作品は他に例がなく、女性の膝に女性が座るという文化や習慣を持つ国や地域も該当する場所がない。また、座っているマリアとアンナの身長がはっきりとはしないとはいえ、明らかにアンナのほうが大きな人物として表現されている。このような微妙ではあるが、はっきりと認識できる二人の大きさの不調和は、レオナルドが二人を同年代の女性として描く代わりにアンナを大きく表現することによって、二人の親子関係を明確にしようとした可能性がある。そして大柄なアンナは土色(大地)の服を身につけ、足は水辺に、頭は空や山の頂に達している。アンナは単に空間的に巨大であるばかりでなく、大地と生命とをつなぐ地母神として描かれ、モナリザにも似た「すべてを知るものの笑い」(フマガッリ)を顔に浮かべているのである[3]。
引用元:聖アンナと聖母子 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%81%96%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%83%8A%E3%81%A8%E8%81%96%E6%AF%8D%E5%AD%90