ルドヴィ・「ホルベア」


代表作に『丘の上のイエッペ』
がある、「北欧のモリエール」
と呼ばれたデンマークの劇作家は
ルドヴィ・◯◯◯◯?
タドアヨホ
ナベシール
ホルベア(答)
22%

ルズヴィ・ホルベア(Ludvig Holberg, 1684年12月3日-1754年1月28日)は、ノルウェーのベルゲンで生まれた作家、エッセイスト、哲学者、歴史家、劇作家である。デンマーク=ノルウェー時代であり、彼の成人の時期のほとんどをデンマークで過ごした。彼は啓蒙時代とバロック時代の人文主義に影響された。ホルベアは、近代のデンマークとノルウェーの文学の創設者と考えられている[1][2]。そして彼は1722年-1723年に書いたコペンハーゲンのLille Grønnegade Theatreで行われた喜劇で一番よく知られている。ホルベアの自然法と一般法は1736年から1936年の200年間の間、多くのデンマークの法学生に広く読まれていた。
引用元:ルズヴィ・ホルベア – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AB%E3%82%BA%E3%83%B4%E3%82%A3%E3%83%BB%E3%83%9B%E3%83%AB%E3%83%99%E3%82%A2

ホルベア(Ludvig Holberg)

[1684~1754]デンマーク・ノルウェーの小説家・歴史家。ノルウェーで生まれ、おもにデンマークで活躍した。北欧啓蒙主義の代表者の一人で、北欧のモリエールと称された。大学では歴史やラテン語などを講じた。著作に風刺喜劇「産室」「丘のイェッペ」、風刺小説「ニルス=クリムの地下旅行記」など。
引用元:ホルベアとは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E3%83%9B%E3%83%AB%E3%83%99%E3%82%A2-134703

デンマークの田舎。小作農夫イエッペは年貢だけは何とか納めようと働いている正直者。怖い女房ニレに毎日お尻をたたかれながら働く彼の唯一の楽しみはお酒。辛いことの全てを忘れさせてくれるからだ。
 今日も30キロ先の町まで買い物に出された彼は居酒屋ヤコブの店についつい寄ってしまい、有り金ぜんぶ使い果たしてしまった。
 そこへ通りかかった領主の一行、退屈な日々の座興にとイエッペを領主の館へ運び、立派な寝間着を着せ、豪華なベッドに横たえた。
 酔いからさめたイエッペは驚いた。「夢か誠か天国か、いやそんなはずはない、俺は農夫イエッペだ。」さぁ、領主たちへの仕返しが・・・
引用元:丘の上のイエッペ http://www3.tokai.or.jp/kangeki/192_okanoue.htm