「石田三成」島左近、佐和山城主


豊臣秀吉の五奉行
軍師に島左近を迎える
近江佐和山城主
関ヶ原の戦いの後に斬首
石田三成(答)
前田玄以
浅野長政
長束正家
76%

073suqfvgrfoui
豊臣秀吉のもとで政治を
執り行った五奉行のうち
特に財政を担当したのは?
田正三束長
前家以石玄
長束正家(答)

036hHIdGRcKWf
文禄の役では軍監を務め
関ヶ原の戦いでは徳川方についた
豊臣秀吉の五奉行の一人は?
野正盛長束
浅政田増井
浅野長政(答)

009CxSWALFGSM
次のうち、豊臣秀吉が設置した
「五奉行」に含まれる戦国武将を
全て選びなさい
長束正家(答)
前田利家
徳川家康
浅野長政(答)
石田三成(答)
増田長盛(答)
前田玄以(答)
毛利輝元
宇喜多秀家
引用元:『五奉行』石田三成「司法・一般行政」長束正家「知行・兵糧」前田玄以「公家・寺社」 浅野長政「文禄の役で軍監」 増田長盛 http://seethefun.net/%E6%96%87%E7%B3%BB%E5%AD%A6%E5%95%8F/2147/

石田 三成(いしだ みつなり)は、安土桃山時代の武将・大名。佐和山城主。豊臣氏の家臣。五奉行の1人。
豊臣政権の文治派(官僚派)の筆頭で、徳川家康や武断派と対立。豊臣秀吉の死後、家康打倒のために決起して、毛利輝元を盟主に諸大名と西軍を組織したが、関ヶ原の戦いにおいて敗れ、京都六条河原で処刑された。

豊臣政権下[編集]

石田三成の書状
天正13年(1585年)7月11日、秀吉の関白就任に伴い、従五位下治部少輔に叙任される。同年末に秀吉から近江国水口4万石の城主に封じられたと一般にはされているが、水口には天正13年7月に中村一氏が6万石で入っており、その後は同18年(1590年)に増田長盛、文禄4年(1595年)に長束正家と引き継がれている。
天正14年(1586年)1月、当時名将として名高かった島清興(左近)を知行の半分を与えて召し抱えたといわれる(『常山紀談』。異説あり[注釈 1])。 秀吉はこれに驚愕、賞賛し、左近に三成への忠誠を促し、菊桐紋入りの羽織を与えた。同年、越後国の上杉景勝が秀吉に臣従を誓うために上洛してきた時、これを斡旋した。

関ヶ原の戦い[編集]

笹尾山の石田三成陣跡(岐阜県不破郡関ケ原町)

詳細は「関ヶ原の戦い」を参照
慶長5年(1600年)6月16日、家康は陸奥国の上杉景勝を討つために大坂を発つ。入れ替わるように前田玄以・増田長盛・長束正家の三奉行の上坂要請を受けた毛利輝元が7月17日に到着(大坂入城は19日)。同時に三奉行連署からなる家康の罪状13か条を書き連ねた弾劾状(『内府ちがいの条々』)が諸大名に送られた。ここに関ヶ原の戦いの対立構造が成立する。
この西軍の結成に関して三成がどのような役割を果たしたのかについては研究者によって評価が別れる。従来の説は単独で決起した三成が諸大名を引き込んだとするものであるが、挙兵に到るまでの三成の詳細な動向は一次史料では不明であり、また三成を西軍結成の首謀者とする史料は江戸時代成立の二次史料が多い点が指摘されている[注釈 4]。

10月1日、家康の命により六条河原で斬首された。享年41。辞世は「筑摩江や 芦間に灯す かがり火と ともに消えゆく 我が身なりけり」。首は三条河原に晒された後、生前親交のあった春屋宗園・沢庵宗彭に引き取られ、京都大徳寺の三玄院に葬られた。
引用元:石田三成 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9F%B3%E7%94%B0%E4%B8%89%E6%88%90