トマス・クーン、ジョン・デューイ、チャールズ・パース、ポール・ベナセラフ


次のうち、アメリカの哲学者を
全て選びなさい
カール・ヤスパース ドイツ
トマス・クーン(答)
ボードリヤール フランス
ジョン・デューイ(答)
チャールズ・パース(答)
ポール・ベナセラフ(答)
フェリックス・ガタリ フランス
ジャック・デリダ フランス
ハーバーマス ドイツ
28%

CIMG6151
次のうち
イギリスの言語学者を
全て選びなさい
ウィリアム・ジョーンズ(答)
リチャード・ハドソン(答)
ベンジャミン・ウォーフ(アメリカ)
ノーム・チョムスキー(アメリカ)
ロバート・ローウィ(アメリカ)
エドワード・サピア(アメリカ)
ロバート・ラトクリフ(日本)
引用元:「ノーム・チョムスキー」 アメリカの言語学者「生成文法」 反グローバリズム 「イギリスの言語学者」ウィリアム・ジョーンズ リチャード・ハドソン http://seethefun.net/%E6%96%87%E7%B3%BB%E5%AD%A6%E5%95%8F/22725/

トーマス・サミュエル・クーン(Thomas Samuel Kuhn、1922年7月18日 – 1996年6月17日)は、アメリカ合衆国の哲学者、科学者。専門は科学史及び科学哲学。

クーンの最も有名な業績は、1962年に発表された主著『科学革命の構造』で、科学の歴史がつねに累積的なものではなく、断続的に革命的変化すなわち「パラダイムシフト」が生じると指摘したことである。
引用元:トーマス・クーン – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%88%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%82%AF%E3%83%BC%E3%83%B3

ジョン・デューイ(John Dewey、1859年10月20日 – 1952年6月1日)は、アメリカ合衆国の哲学者。チャールズ・サンダース・パース、ウィリアム・ジェームズとならんでプラグマティズムを代表する思想家である。また米国では機能主義心理学[1]に貢献したことでも知られている。20世紀前半のアメリカ哲学者のなかでも代表的且つ進歩的な民主・民衆主義者(ポピュリスト)だった[2]。
リチャード・ローティは「最も敬愛する哲学者」として評価し、「われわれをプラトンとイマヌエル・カントの呪縛(ドグマ)から解放した[3]」と指摘したうえで、17世紀の哲学者がスコラ哲学に対して「革命」を興したように、「正確な表象」というそれまでの知識理論を拒絶した点でルートヴィヒ・ウィトゲンシュタインとマルティン・ハイデッガーに並ぶとしている[4]。またヒラリー・パトナムもデューイをヒーローとしている[5]。
引用元:ジョン・デューイ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%87%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%82%A4

チャールズ・サンダース・パース[1](英: Charles Sanders Peirce、1839年9月10日 – 1914年4月19日)は、アメリカ合衆国の哲学者、論理学者、数学者、科学者であり、プラグマティズムの創始者として知られる。マサチューセッツ州ケンブリッジ生まれ。パースは化学者としての教育を受け、米国沿岸測量局に約三十年間、科学者として雇われていた。「アメリカ合衆国の哲学者たちの中で最も独創的かつ多才であり、そしてアメリカのもっとも偉大な論理学者」ともいわれる[2]。存命中はおおむね無視されつづけ、第二次世界大戦後まで二次文献はわずかしかなかった。莫大な遺稿の全ては今も公表されていない。パースは自分をまず論理学者とみなし、さらに論理学を記号論(semiotics)の一分野とみなした。
引用元:チャールズ・サンダース・パース – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%82%BA%E3%83%BB%E3%82%B5%E3%83%B3%E3%83%80%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%83%91%E3%83%BC%E3%82%B9

ポール・ベナセラフ (Paul Benacerraf, 1931年 – ) は、アメリカ合衆国の哲学者。現代の数学の哲学を代表する研究者の一人。

哲学上の主な業績[編集]
卒業論文はベルクソンに関するものだったが、博士論文 [1] で論理主義を取り上げて以降は、一貫して数学の哲学に関する研究を続けている。著作を発表するにあたって極めて慎重な姿勢をとるため、発表された論文数自体は非常に少ないが、とりわけ1965年と1973年に発表された2本の論文は今なお絶大な影響力をふるっている。また、数学の哲学における標準的なリーディングス [3] の編者の一人としても知られる。
引用元:ポール・ベナセラフ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%83%99%E3%83%8A%E3%82%BB%E3%83%A9%E3%83%95