アウステルリッツの戦い、ボロジノの戦い、ライプチヒの戦い、ワーテルローの戦い


次のナポレオン戦争の戦いを
時代が古い順に選びなさい
アウステルリッツの戦い
ボロジノの戦い
ライプチヒの戦い
ワーテルローの戦い
19%


フランスのナポレオン3世と
サルディニア王国のカブールが
1858年に結んだ密約は?
ロプエビ約ル密ーン
プロンビエールの密約(答)

044TktdILzlFt
トルストイの小説
『戦争と平和』の
背景となっている戦争は
第一次世界大戦である
×(答)
◯ナポレオン戦争
引用元:「ナポレオン戦争」トルストイ『戦争と平和』の舞台 http://seethefun.net/%E6%96%87%E7%B3%BB%E5%AD%A6%E5%95%8F/14924/


阿刀田高の直木賞受賞作は
『クレオパトラ狂』である
×(答)
◯『ナポレオン狂』
引用元:『ナポレオン狂』阿刀田高 http://seethefun.net/%E6%96%87%E7%B3%BB%E5%AD%A6%E5%95%8F/35648/

CIMG6085vPdmRgSvFxrW
タイピング
1799年にナポレオンが軍事政権を獲得した事件は
ブリュメール○○日のクーデター?
○を答えなさい
18(答)
「ブリュメール18日のクーデター」
引用元:「総裁政府」ポール・バラスらによる共和政府 「ブリュメール18日のクーデター」で崩壊 http://seethefun.net/%e6%96%87%e7%b3%bb%e5%ad%a6%e5%95%8f/18984/

1796年から1815年までのナポレオンによって起こされ、展開された一連の戦争。フランス革命を外国の干渉から守る革命防衛戦争として始まったが、しだいに「革命の理念の拡大」のための戦争、一面では侵略戦争へと変質した。さらに1812年のモスクワ遠征失敗を境にナポレオンの帝国防衛戦争に転化した。戦争をつうじてヨーロッパの封建体制を崩壊させ市民社会の拡張をもたらしたが、周辺諸民族を抑圧する結果となった。軍事史には、傭兵に依存した絶対王政期の軍隊から、徴兵制に基づく国民軍を主体とする戦争への決定的な転換をもたらした。

 当初はフランス革命に対する外国の干渉に対するフランスの防衛戦争であったが、ナポレオンが権力を獲得(1799年)してからは「革命の理念の拡大」を大義として戦われるようになった。しかしそれは周辺諸国から見れば、一方的な侵略戦争であった。ナポレオン自身は、後にセントヘレナで「私は64もの戦いをたたかった」と言っており、その生涯は戦争に明け暮れ、また戦争の勝利によってフランス国民の絶大な支持を得ることとなった。高校での学習に出てくるナポレオン戦争の主要なものは次の通り。

1796年から1815年までのナポレオンによって起こされ、展開された一連の戦争。フランス革命を外国の干渉から守る革命防衛戦争として始まったが、しだいに「革命の理念の拡大」のための戦争、一面では侵略戦争へと変質した。さらに1812年のモスクワ遠征失敗を境にナポレオンの帝国防衛戦争に転化した。戦争をつうじてヨーロッパの封建体制を崩壊させ市民社会の拡張をもたらしたが、周辺諸民族を抑圧する結果となった。軍事史には、傭兵に依存した絶対王政期の軍隊から、徴兵制に基づく国民軍を主体とする戦争への決定的な転換をもたらした。

 当初はフランス革命に対する外国の干渉に対するフランスの防衛戦争であったが、ナポレオンが権力を獲得(1799年)してからは「革命の理念の拡大」を大義として戦われるようになった。しかしそれは周辺諸国から見れば、一方的な侵略戦争であった。ナポレオン自身は、後にセントヘレナで「私は64もの戦いをたたかった」と言っており、その生涯は戦争に明け暮れ、また戦争の勝利によってフランス国民の絶大な支持を得ることとなった。高校での学習に出てくるナポレオン戦争の主要なものは次の通り。

ヨーロッパ征服の戦争
 権力を握ったナポレオンは、フランスのブルジョワ・農民の支持を背景にして、革命の理念を全ヨーロッパに広げると言う大義の下、実際には征服戦争を開始する。イタリア遠征(第2次、1800)で再びオーストリア軍と戦い、マレンゴの戦いで勝利した。さらにイギリスとは1802年のアミアンの和約で一旦和平を実現したが、1804年のナポレオンの皇帝即位を受けて第3回対仏大同盟が成立、ナポレオンもイギリス征服をもくろむがトラファルガー海戦(1805)でネルソンの率いるイギリス海軍に敗れ、それには失敗した。しかし大陸での戦いは、アウステルリッツの三帝会戦(1805 オーストリア・ロシア連合軍と戦い勝利)、イエナの戦い(1806年 プロイセン軍と戦い勝利しベルリンを占領、さらにポーランドに侵攻)、ポルトガル征服(1807 ジュノー将軍を派遣)、スペイン征服(イベリア半島戦争、1808年にスペインの反乱を鎮圧するため自ら侵攻)などを次々と展開し、勝利を続けた。しかしスペインではゲリラ戦に悩まされて苦戦し、ナポレオンの戦いは防衛戦争へと転換する。
ナポレオン帝国の防衛戦争
 ナポレオン帝国の最大の敵であるイギリスを弱体化するために1806年に大陸封鎖令を出したが、各国の足並みが揃わず、特にロシアがその命令に実質的に従わなかったことから、1812年にロシア遠征に踏み切った。しかし、モスクワに入城するも冬将軍に敗れて撤退し、陸上での正規兵との戦いで初めて敗北を喫した。それをきっかけに、ライプツィヒの戦い(1813 諸国民戦争)でヨーロッパ諸国連合軍に敗れ、連合軍がパリに入城し、ナポレオンはついに退位した。エルバ島を脱出し皇帝に復帰後、1815年にワーテルローの戦いで再起をかけるウェリントンの指揮するイギリス軍などに敗れ、ナポレオン戦争は終結、セントヘレナ島に流された。
引用元:ナポレオン戦争 http://www.y-history.net/appendix/wh1103_2-006_2.html

アウステルリッツの戦い(アウステルリッツのたたかい、仏: Bataille d’Austerlitz、独: Schlacht von Austerlitz、露: Битва под Аустерлицем)は、1805年12月2日(露暦11月20日、フランス革命暦フリメール11日)にオーストリア領(現チェコ領)モラヴィアのブルノ近郊の町アウステルリッツ(現在のスラフコフ・ウ・ブルナ)郊外で、ナポレオン・ボナパルト率いるフランス軍(大陸軍)が、ロシア・オーストリア連合軍を破った戦いである。
フランス皇帝ナポレオン1世、オーストリア皇帝フランツ1世(神聖ローマ皇帝フランツ2世)、ロシア皇帝アレクサンドル1世の3人の皇帝が参加したことから三帝会戦(さんていかいせん、仏: bataille des Trois Empereurs、独: Dreikaiserschlacht、露: битва трёх императоров)とも呼ばれる。なお、実際にはフランツ2世は戦場から離れた場所にいた[4]。
引用元:アウステルリッツの戦い – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%82%A6%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%AB%E3%83%AA%E3%83%83%E3%83%84%E3%81%AE%E6%88%A6%E3%81%84

ボロジノの戦い(ボロジノのたたかい、ロシア語: Бородинское сражение, 1812年9月7日(ユリウス暦8月26日))は、1812年ロシア戦役(ナポレオン戦争)における戦闘の1つである。フランスではモスクワ川の戦い(モスクワがわのたたかい、フランス語: Bataille de la Moskowa)とも呼ばれる。
モスクワ西方のボロジノ​[1]近郊で、フランス皇帝ナポレオン1世率いる大陸軍(フランス軍を中核とするヨーロッパ諸国連合軍)と、クトゥーゾフ率いるロシア軍との間で戦いが行われた。両軍ともに甚大な損害を出したものの決定的な勝利は得られず、ロシア軍の戦略的撤退によって戦いは終息した。
引用元:ボロジノの戦い – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9C%E3%83%AD%E3%82%B8%E3%83%8E%E3%81%AE%E6%88%A6%E3%81%84

ライプツィヒの戦い(ライプツィヒのたたかい、英:Battle of Leipzig, 仏:Bataille de Leipzig, 1813年10月16日 – 10月19日)は、ナポレオン戦争における最大規模の戦闘。諸国民の戦い(しょこくみんのたたかい、独:Völkerschlacht, 英:Battle of the Nations)とも呼ばれる。ドイツ東部のライプツィヒ(当時のザクセン王国領)で、ナポレオン1世麾下のフランス軍19万と、プロイセン・ロシア帝国・オーストリア帝国・スウェーデンの連合軍36万の間で戦いが行われた。
3日間の激戦の末、圧倒的な兵力差の前にフランス軍は敗北した。フランス軍ではポニャトフスキが戦死、4万以上の死傷者を出した。一方、連合軍も5万以上の死傷者を出した。戦闘の結果、ナポレオンのドイツ支配が終わった。連合軍の総司令官は、元フランス軍元帥のジャン=バティスト・ジュール・ベルナドット(後のスウェーデン王カール14世ヨハン)だった。
引用元:ライプツィヒの戦い – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%97%E3%83%84%E3%82%A3%E3%83%92%E3%81%AE%E6%88%A6%E3%81%84

ワーテルローの戦い(ワーテルローのたたかい、仏: Bataille de Waterloo、英: Battle of Waterloo、蘭: Slag bij Waterloo、独: Schlacht bei Waterloo 「ワーテルロー」の日本語のカタカナでの場所名の音写はフランス語での発音から出来ている)とは、1815年6月18日、ベルギー(当時はオランダ領)のワーテルロー近郊においてイギリス・オランダをはじめとする連合軍およびプロイセン軍と、フランス皇帝ナポレオン1世(ナポレオン・ボナパルト)率いるフランス軍との間で行われた一連の戦闘を指す名称である。フランス軍が敗北し、ナポレオン戦争最後の戦闘となった。ウォータールーの戦い(「ワーテルロー」の英語読み)、ラ・ベル=アリアンスの戦い(独: Schlacht bei Belle-Alliance)ともいう。
引用元:ワーテルローの戦い – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%86%E3%83%AB%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%81%AE%E6%88%A6%E3%81%84