ナジェジダ号


レザノフや漂流民の津太夫を
乗せて、ネヴァ号とともに
ロシアで最初の世界一周を
果たした船は◯◯◯◯◯号?
ゴョウニル
ピジャージ
クニェトン
ナジェジダ(答)
21%
「ナジェジダ号』

005fjpryftoqev
次の外国人を
日本に早く来航した順に
選びなさい
ラクスマン 1789
レザノフ 1804
ビッドル 1846
ペリー 1853
引用元:「ラクスマン」「レザノフ」「ビッドル」「ペリー」 http://seethefun.net/%E6%96%87%E7%B3%BB%E5%AD%A6%E5%95%8F/30696/


1828年のシーボルト事件で
シーボルトが日本地図などを
積んで出航しようとした船は
コルネリウス・◯◯◯◯◯号?
ハウトマン(答)


幕末の1853年にアメリカのペリー提督が初来日した時に搭乗していた軍艦の名前は◯◯◯◯◯号?
サスケハナ(答)

スロット
1958年に日米修好通商条約をその船上で結んだペリーが再来日した時の船名は◯◯◯◯◯号?
ポウハタン(答)

349ajoezyeksle
350swrgdwbrksb
1854年に日露和親条約締結交渉の
ためプチャーチンが下田を訪れた
際に乗っていた軍艦の名前は
ディアナ号ですが

ディアナ号が安政東海地震による
津波で沈没後、帰国のために
日本で作った帆船の名前は
◯◯号? ◯を答えなさい
ヘダ(答)
「戸田号」
引用元:「ヘダ号」プチャーチンが帰国のために戸田村で建造した船 http://seethefun.net/%E6%96%87%E7%B3%BB%E5%AD%A6%E5%95%8F/30056/

クルウゼンシュテルン日本紀行 上
異国叢書 第2巻
羽仁五郎 訳注

内容
ロシア遣日使節団レザノフを護衛して、ナデジュダ号で1804年に長崎に来航したクルウゼンシュテルンの『世界周航記』のうち日本の部分を全訳、長崎での応援、蝦夷・千島方面の探検の様子を詳述。
引用元:クルウゼンシュテルン日本紀行 上/異国叢書 第2巻 | 丸善雄松堂株式会社 https://myrp.maruzen.co.jp/book/9784841930122/

アーダム・ヨハン・フォン・クルーゼンシュテルン、イヴァン・フョードロヴィチ・クルゼンシュテールン(ドイツ語: Adam Johann von Krusenstern ; 英語: en:Adam Johann von Krusenstern ; ロシア語: Иван Фёдорович Крузенштерн [1]、1770年11月19日 – 1846年8月24日)は、エストニア出身のロシア海軍提督であり探検家。ロシアで最初に世界周航(1803年 – 1806年)を行った。彼はこの航海で「日本海」を通り、後に彼が作成した地図には「日本海」を “MER DU JAPON” と記したとされ、「日本海」を最初に命名した人物として日本の百科事典類には記されている。

生涯[編集]
二隻の艦隊は遣日使節ニコライ・レザノフと仙台藩出身の津太夫ら4人の日本人漂流民、ロシアやヨーロッパ各地の博物学者・天文学者・画家らを乗せ、ロシア海軍のバルト海の軍港クロンシュタットを出港した。途中デンマーク、イギリス、カナリア諸島、ブラジルに寄港し大西洋を横断しホーン岬を回って北太平洋に向かった。二隻は航海の間、詳細な地図と記録、動植物の標本を作ったが、艦隊の隊長になっていたレザノフと海軍軍人のクルーゼンシュテルンとは事あるごとに対立した。太平洋を横断した艦隊は1804年秋、カムチャツカ半島から日本に向かったが、長崎での幕府との交渉は不調に終わり、半年後に長崎を離れカムチャツカに戻った。
喜望峰経由で1806年8月に母港クロンシュタットに戻ったクルーゼンシュテルンは詳細な航海記 “Reise um die Welt in den Jahren 1803, 1804, 1805 und 1806 auf Befehl Seiner Kaiserliche Majestät Alexanders des Ersten auf den Schiffen Nadeschda und Newa” (『アレクサンドル1世陛下の命令下、1803年、1804年、1805年、1806年にナジェージタとネヴァにより行った世界周航の記録』)を書き、1810年にサンクトペテルブルクで出版した。1811年-1812年にはベルリンで出版し、1813年には英訳版がロンドンで出版された。またフランス語、デンマーク語、オランダ語、スウェーデン語、イタリア語でも出版された。太平洋の地図などを含む図録は1827年にサンクトペテルブルクで出版され、ロシア科学アカデミー会員に迎え入れられる栄誉を得た。彼は1816年にエストニアのキルツィにある荘園を得たが、この荘園で1846年に没した。
引用元:アーダム・ヨハン・フォン・クルーゼンシュテルン – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%BC%E3%83%80%E3%83%A0%E3%83%BB%E3%83%A8%E3%83%8F%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%AF%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%82%BC%E3%83%B3%E3%82%B7%E3%83%A5%E3%83%86%E3%83%AB%E3%83%B3