サムター要塞の戦い、アンティータムの戦い、ゲティスバーグの戦い


次のアメリカの南北戦争における
戦いを、起こった順に選びなさい
サムター要塞の戦い 1861
七日間の戦い 1862.6.25
アンティータムの戦い 1862.9.17
ペリービルの戦い 1862.10.8
ゲティスバーグの戦い 1863.7.1
チャタヌーガの戦い 1863.11.23
30%


次のうち、アメリカの
南北戦争の激戦を
全て選びなさい
レキシントンの戦い 
サムター要塞の戦い(答)
ゲティスバーグの戦い(答)
サラトガの戦い
ヨークタウンの戦い


1857年にアメリカ最高裁判所が
下した、奴隷制が合法であると
した判決を訴えた奴隷の名前から
◯◯◯◯・スコット判決という?
ルフバスケ
レッイドマ
ドレッド(答)
「ドレッド・スコット判決」

CIMG6142
「よいインディアンとは、
死んだインディアンの事だ」と
いう言葉を残した、南北戦争で
活躍したアメリカの軍人は?
キョリソン
フェイッド
シャムダム
シェリダン(答)
Philip Henry Sheridan
引用元:「ドレッド」・スコット判決 http://seethefun.net/%E7%A4%BE%E4%BC%9A/34040/

南北戦争(なんぼくせんそう、英語: American Civil War)は、 1861年から1865年にかけて、アメリカ合衆国の北部諸州とアメリカ連合国を称した南部諸州との間で行われた内戦である。奴隷制存続を主張するアメリカ南部諸州のうち11州が合衆国を脱退、アメリカ連合国を結成し、合衆国にとどまった北部23州との間で戦争となった。この戦争では史上初めて近代的な機械技術が主戦力として投入された。
英語の civil war は「内戦」を意味する語だが、アメリカでは独立後に内戦があったのはこの時だけなので(ユタ戦争など、内乱と呼ぶべき物はいくつかある)、アメリカ国内では通常これに定冠詞をつけ大文字にして The Civil War と表記する。アメリカ以外の国では自国の内戦と区別するため国名を冠して American Civil War と表記する(南北戦争のネーミングを参照)。

背景[編集]
詳細は「南北戦争の原因」を参照
当時、南部と北部との経済・社会・政治的な相違が拡大していた。南部では農業中心のプランテーション経済が盛んで特に綿花をヨーロッパに輸出していた。プランテーション経済は黒人労働奴隷により支えられていた。そして、農園所有者が実質的に南部を支配していた。南部の綿花栽培の急速な発展は、英国綿工業の発展に伴って増大した綿花需要に負うもので、英国を中心とした自由貿易圏に属することが南部の利益だったため、南部は自由貿易を望んでいた。
それに比べ、北部では米英戦争(1812年 – 1814年)による英国工業製品の途絶でかえって急速な工業化が進展しており、新たな流動的労働力を必要とし、奴隷制とは相容れなかった。また、欧州製の工業製品よりも競争力を優位に保つために保護貿易が求められていた。その結果、奴隷制に対する態度と貿易に対する態度の両方で意見を異にしていた北部の自由州(奴隷制を認めないという「自由」、奴隷州に対する概念的呼び方)と南部の奴隷州の対立が一層激化した。しかもこの対立は、アメリカ合衆国が思わぬ方法でその領土を拡張してしまった事からより深刻になってしまう。
引用元:南北戦争 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8D%97%E5%8C%97%E6%88%A6%E4%BA%89

サムター要塞の戦い(サムターようさいのたたかい、サムター要塞砲撃)とは、1861年4月12日から4月14日にかけて行なわれた戦闘。南北戦争の発端とされる戦いであるが、開戦前の小競り合いとする者もいる。南北戦争を語る上での重要な戦いのひとつである。
サムター要塞とはサウスカロライナ州の港、チャールストンを守っていた要塞の一つで、港への水路の真正面にあった。

背景[編集]
南北戦争の兆しが濃くなったころ、南部の州はほとんどがアメリカ連合国に加盟し、それに伴い各要塞も南軍の支配下におかれた。しかしサムター要塞の司令官ロバート・アンダーソン少佐らは合衆国に忠誠を誓うことを決定した。
リンカーンが大統領に就任した翌日、サムター要塞の守備隊司令官アンダーソン少佐から手紙が届き、ただちに閣僚会議が開かれた。7人の長官のうち5人までもが反対したが、リンカーンは敵地にあって自身に忠誠を誓った部下のために支援を決定した。これに基づいて支援(食料のみ)が決定する。弾薬のみとする資料も少なからず存在する。
引用元:サムター要塞の戦い – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B5%E3%83%A0%E3%82%BF%E3%83%BC%E8%A6%81%E5%A1%9E%E3%81%AE%E6%88%A6%E3%81%84

七日間の戦い(なのかかんのたたかい、英:Seven Days Battles)は、南北戦争の東部戦線の一部であり、1862年6月25日から7月1日の七日間に一連の6度の大きな戦闘が行われた。南軍の将軍ロバート・E・リーが、侵入してきた北軍のジョージ・マクレラン少将が指揮するポトマック軍を、リッチモンド付近からバージニア半島を下って追い出した。この戦いは半島方面作戦の最終段階となるものであり、独立した方面作戦ではない。
引用元:七日間の戦い – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%83%E6%97%A5%E9%96%93%E3%81%AE%E6%88%A6%E3%81%84

アンティータムの戦い(アンティータムのたたかい、英:Battle of Antietam、またはシャープスバーグの戦い(Battle of Sharpsburg、特に南部での呼び方))は、南北戦争の中盤1862年9月17日、メリーランド方面作戦の一環としてメリーランド州シャープスバーグ近く、およびアンティータム・クリークで行われた戦闘であり、北部の大地で行われたことでは南北戦争で初めての主要会戦であった。両軍合わせて約23,000名の損失があり、合衆国の歴史の中でも単一日の戦闘として最も流血の多い戦闘となった[1]。

>ポトマック軍に数の優位があったにも関わらず、北バージニア軍が撤退を選ばずにここで戦ったのは、地形を利用することでポトマック軍を破れると考えていたためである。しかしマクレランは適切な順序で順次南軍の弱点を突いていき、南軍の逆転を許さなかった。マクレランは、ここでは戦術的大勝利を狙うことよりも、確実に勝つことが重要であることを知っていたため、最後まで予備部隊を残し事態の急変に備えた。これにより北バージニア軍を壊滅させることはなかったが、北バージニア軍のメリーランド侵攻は終わり、リーはバージニア州内に軍隊を引き上げざるを得なくなった。この戦闘は戦術的な勝利の意味よりも、エイブラハム・リンカーンが奴隷解放を宣言する自信を得たことで、北軍にとって戦略的な勝利の意味がはるかに大きかった。
引用元:アンティータムの戦い – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%83%A0%E3%81%AE%E6%88%A6%E3%81%84

ペリービルの戦い(ペリービルのたたかい、英:Battle of Perryville、またはBattle of Chaplin Hills)は、南北戦争中盤の1862年10月8日、南軍のハートランド攻勢(ケンタッキー方面作戦)の頂点として、ケンタッキー州ペリービルの西、チャップリンヒルズで行われた戦闘である。

>ペリービルの戦いに続いて、北軍は戦争の残り期間ケンタッキー州の支配を続けた。歴史家のジェイムズ・M・マクファーソンは、ペリービルが戦争の大きな転回点の一部と考え、「アンティータムとペリービルで南軍の侵略を止めたときに、ヨーロッパ諸国のアメリカ連合国に対する調停と認知の機先を制し、おそらくは北部政府の戦争遂行能力を妨げたであろう1862年の北部における選挙で民主党の勝利を防止し、戦争の範囲と目的を拡大した奴隷解放宣言への階梯を設定した」とした[67]。
ペリービル戦場跡の一部は、ペリービル州立歴史史跡としてケンタッキー州により保存されている。
引用元:ペリービルの戦い – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9A%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%93%E3%83%AB%E3%81%AE%E6%88%A6%E3%81%84

ゲティスバーグの戦い(ゲティスバーグのたたかい、Battle of Gettysburg)は、南北戦争において事実上の決戦となった戦い。ゲティスバーグ戦役の中核を成し、アメリカ合衆国軍とアメリカ連合国が双方総力を結集、南北戦争史上最大の激戦となった。この戦いが転換点となり、合衆国軍が優勢になったと見るのが伝統的見解である。
引用元:ゲティスバーグの戦い – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B2%E3%83%86%E3%82%A3%E3%82%B9%E3%83%90%E3%83%BC%E3%82%B0%E3%81%AE%E6%88%A6%E3%81%84

第三次チャタヌーガの戦い(だいさんじチャタヌーガのたたかい、英:Third Battle of Chattanooga、一般的には単にチャタヌーガの戦い、英:Battle of Chattanooga、他にルックアウト山の戦い、英:Battle of Lookout Mountain、ミッショナリー・リッジの戦い、英:Battle of Missionary Ridgeという呼び方もされる)は南北戦争の1863年11月23日から25日に、テネシー州チャタヌーガ近くで行われた戦いである。北軍のユリシーズ・グラント少将はブラクストン・ブラッグ将軍の南軍を破ることで、テネシー州にいた最後の南軍を排除し、ディープサウス侵攻への道が開け、1864年のアトランタ方面作戦に繋がった。
引用元:第三次チャタヌーガの戦い – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%AC%AC%E4%B8%89%E6%AC%A1%E3%83%81%E3%83%A3%E3%82%BF%E3%83%8C%E3%83%BC%E3%82%AC%E3%81%AE%E6%88%A6%E3%81%84