リエージュ、ガリポリ、ヴェルダン、カポレット


次の第一次世界大戦に
おける戦いを
古い順に選びなさい
リエージュの戦い
ガリポリの戦い
ヴェルダンの戦い
カポレットの戦い
26%


次の第一次世界大戦における
戦いを早く起こった順に
選びなさい
タンネンベルクの戦い
マルヌの戦い
ユトランド沖海戦
ソンムの戦い


次の戦いを
含まれる世界大戦ごとに
グループ分けしなさい
36%

第一次世界大戦第二次世界大戦
エル・アラメインの戦い
ノルマンディー上陸作戦
バルジの戦い
ヴェルダンの戦い

引用元:WWⅠ「ヴェルダンの戦い」WWⅡ「エル・アラメインの戦い、バルジの戦い、ノルマンディー上陸作戦」 http://seethefun.net/%E6%96%87%E7%B3%BB%E5%AD%A6%E5%95%8F/35732/

リエージュの戦い(リエージュのたたかい、Battle of Liège, 1914年8月5日 – 8月16日)は、第一次世界大戦の西部戦線の緒戦における重要な戦いの1つ。
シュリーフェン・プランに基づいてベルギーを侵略したドイツ帝国軍が、ベルギー東部の重要都市リエージュの要塞を攻略した。小国ベルギーの陸軍は勇敢に抵抗したが、ドイツ軍の予定表を2日遅らせたのみにとどまった。またリエージュの戦いはエーリヒ・ルーデンドルフが最初に名声を得た戦いでもあった。
引用元:リエージュの戦い – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%82%A8%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%83%A5%E3%81%AE%E6%88%A6%E3%81%84

ガリポリの戦い(ガリポリのたたかい、英語: The Gallipoli Campaign、トルコ語: Çanakkale Muharebeleri[1])は、第一次世界大戦中、連合軍が同盟国側のオスマン帝国の首都イスタンブール占領を目指し、エーゲ海からマルマラ海への入り口にあたるダーダネルス海峡の西側のガリポリ半島(現トルコ領ゲリボル半島)に対して行った上陸作戦。ガリポリ半島とは英語名であり、現在トルコ語でゲリボル半島と呼ばれている。また、ガリポリ(ゲリボル)の町は半島の付け根にあり、主戦場から外れている。イギリスではこの戦いをダーダネルス戦役と、トルコではチャナッカレの戦いと呼ぶ。
当時国家として末期症状であったオスマン帝国軍を軽んじた連合軍は短期決戦を想定して挑んだ。しかし、のちに新生トルコ共和国の初代大統領に就任することになるオスマン帝国の名指揮官ムスタファ・ケマル・アタテュルクの活躍をはじめ、敵の予想外の頑強な抵抗に遭った連合軍は多大な損害を出して撤退、作戦は失敗に終わった。この戦いは陸・海・空三軍の総力を結集した大規模上陸作戦としては世界初と言える。また連合国軍に参加したオーストラリアとニュージーランドにとっては初の本格的な海外遠征となった。
引用元:ガリポリの戦い – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AC%E3%83%AA%E3%83%9D%E3%83%AA%E3%81%AE%E6%88%A6%E3%81%84

ヴェルダンの戦いは、第一次世界大戦の西部戦線下、フランス共和国内のヴェルダンを舞台に繰り広げられたドイツ軍とフランス軍の戦いである。第一次世界大戦における主要な戦いの一つで、1916年2月21日に始まり、両軍合わせて700,000人以上の死傷者を出した。
ドイツ帝国は膠着した戦況を挽回すべく、参謀総長エーリッヒ・フォン・ファルケンハインの発案により、目標をパリへと続く街道にあるヴェルダンに定めた。ここで大量の損害をフランスに与えることにより、フランスが戦争を継続できなくなるよう企図したのである。当初においてこの作戦は成功をおさめていたが、この戦いを消耗戦と理解しないヴィルヘルム皇太子はヴェルダン攻略に固執した。その結果、両軍とも泥沼式に師団を投入して多大な損害を出した。この戦いの最中に東部戦線でのロシア軍のブルシーロフ攻勢やイギリス軍によるソンム攻勢が始まり、ドイツ軍はそちらの方に戦力を回さなければならなくなった。そのためヴェルダン攻略は中止された。
引用元:ヴェルダンの戦い – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%B4%E3%82%A7%E3%83%AB%E3%83%80%E3%83%B3%E3%81%AE%E6%88%A6%E3%81%84

カポレットの戦い(カポレットのたたかい、Battle of Caporetto)は、第一次世界大戦中のイタリア戦線で、1917年10月24日から11月9日にかけて、カポレット(現スロベニアのコバリード)で戦われた戦い。先の第十一次イゾンツォの戦いに準えて第十二次イゾンツォの戦いと呼ばれる場合もある。十一度に亘るイゾンツォ戦線の攻勢によって弱体化したオーストリア=ハンガリー帝国軍による再三の援軍要請に対して、長らくこれを戦力不足から拒否してきたドイツ帝国軍が遂に援軍派遣を承認した。イタリアでは”カポレットの惨敗” (La disfatta di Caporetto)と呼ばれている。
指揮権を移譲されたオットー・フォン・ベロウ将軍はロシア帝国軍のアレクセイ・ブルシーロフが発案した浸透戦術を駆使して後方突破による敵軍殲滅に成功、イゾンツォ戦線の戦況は一転した。戦いでは浸透戦術の要となる突撃部隊(de)が大きな活躍を見せたが、化学兵器の投入も勝利の要因であった。ドイツ軍による毒ガスの散布はイタリア第2軍の壊滅に大きな影響を与えた[2]。ドイツはオーストリアの崩壊をなんとか押し留め、西部戦線での新たな攻勢に専念する体制を整えることができた。
引用元:カポレットの戦い – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%83%9D%E3%83%AC%E3%83%83%E3%83%88%E3%81%AE%E6%88%A6%E3%81%84

タンネンベルクの戦い(タンネンベルクのたたかい、Schlacht bei Tannenberg)は、第一次世界大戦が勃発した1914年に生起した、ドイツ帝国とロシア帝国間の最初期の戦いである。1914年8月17日から9月2日にかけて、ロシア軍の第1軍(6個師団半と騎兵5個師団)・第2軍(10個師団と騎兵3個師団)と、ドイツ軍の第8軍(7個師団と騎兵1個師団)によってドイツ領内の東プロイセンのタンネンベルク周辺で戦われた。ロシア軍の兵力はドイツ軍の2倍以上であったが、ロシア軍は無線による指令文に暗号を用いなかった。これをドイツ軍は傍受した。
戦いの結果、ロシア第2軍は東プロイセンで包囲殲滅され、残ったロシア第1軍はロシア領内への撤退を余儀なくされた。この戦いで注目すべきは、ドイツ軍が鉄道を利用して素早く大量の兵力を移動させ、ドイツの1個軍が、それぞれ自軍の兵力を上回るロシアの2個軍の各個撃破に成功したことである。
なおこの戦いが実際に行われたのはオルシュティンの南西、タンネンベルグ(ステンバルク村)周辺数十キロの広大な丘陵ないし平原地帯であり、ルーデンドルフの補佐官であったホフマン中佐の提案によって1410年のタンネンベルクの戦いにちなんで名付けられたものである。歴史的な戦いとは直接の関連こそなかったものの、ドイツ人とロシア人、ゲルマン民族とスラヴ民族のナショナリズムを高めるための物語として使われた。
引用元:タンネンベルクの戦い (1914年) – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BF%E3%83%B3%E3%83%8D%E3%83%B3%E3%83%99%E3%83%AB%E3%82%AF%E3%81%AE%E6%88%A6%E3%81%84_(1914%E5%B9%B4)

第一次マルヌ会戦(だいいちじマルヌかいせん、フランス語: Première bataille de la Marne、ドイツ語: Erste Schlacht an der Marne、英語: First Battle of the Marne)は、1914年9月、ベルギーを突破したドイツ軍をフランス軍がマルヌ河畔で食い止めた第一次世界大戦中の戦い。単にマルヌ会戦とも呼ばれる。この戦いによって、ドイツ軍のシュリーフェン・プランは挫折し、短期決戦から長期戦へと戦局は変わっていったことからマルヌの奇跡 (en:Miracle of the Marne) と呼ばれている。
引用元:マルヌ会戦 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%83%AB%E3%83%8C%E4%BC%9A%E6%88%A6

ユトランド沖海戦(ユトランドおきかいせん、英語: Battle of Jutland、ドイツ語: Schlacht von Jütland、デンマーク語: Søslaget ved Jylland)とは、第一次世界大戦中デンマークのユトランド半島沖で1916年5月31日から6月1日にかけて戦われたイギリス海軍とドイツ海軍との海戦を指す[1]。同大戦中最大の海戦であり、唯一の主力艦隊同士による決戦であった。
スカゲラックの戦い(英語: Battle of the Skagerrak、ドイツ語: Skagerrakschlacht、デンマーク語: Søslaget om Skagerrak)とも呼ばれる。
引用元:ユトランド沖海戦 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A6%E3%83%88%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%89%E6%B2%96%E6%B5%B7%E6%88%A6

ソンムの戦い(ソンムのたたかい、Battle of the Somme)は、第一次世界大戦における最大の会戦である。1916年7月1日から同11月19日までフランス北部・ピカルディ地方を流れるソンム河畔の戦線において展開された。連合国側のイギリス軍・フランス軍が同盟国側のドイツ軍に対する大攻勢として開始し、最終的に両軍合わせて100万人以上の損害を出したが、連合国軍はわずかな土地を獲得したにとどまり、ドイツ側は後退を最少におさえた。
大戦初期のマルヌの戦いなどに比して武器の消費量や性能も飛躍的に向上し、軽機関銃も初登場した。また当時新兵器であった戦車が初めて投入された戦いでもある。
引用元:ソンムの戦い – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BD%E3%83%B3%E3%83%A0%E3%81%AE%E6%88%A6%E3%81%84