「ローラット法」


1919年にインドで制定された
緊急刑事特別法の通称は
◯◯◯◯◯法?
◯を答えなさい
ローラット(答)
36%

ローラット法
第一次世界大戦後後の1919年に施行されたイギリスによるインド民族運動弾圧法。

 1919年にイギリスがインドで制定した、逮捕状なしに逮捕し、裁判なしに投獄できる権限をインド総督に与えた法律で緊急刑事特別法。一種の治安維持法とも言える。イギリスは、これによって第一次世界大戦中に高まってきたインド国民会議派を中心とするインドの反英闘争を抑えつけようと考えた。ローラットはイギリスから治安状態の調査のためインドに派遣され、この法律を作成した人物の名。1918年夏、原案が発表されるとインド民衆は激しく反発、国民会議派は穏健派が多数を占めていたが、直ちに抗議の声を上げた。イギリス政府は反対の声を押し切って、1919年3月にインド議会においてインド人議員全員の反対投票したが、強引に押し切って成立させた。
引用元:ローラット法 http://www.y-history.net/appendix/wh1503-083.html

ローラット法(―ほう、英:Rowlatt Act)は、1919年にイギリス領インド帝国において、植民地政府により発布された法律である。

内容[編集]
1919年にイギリスのインドの政庁が制定した治安法令。テロ組織による判事の暗殺、陪審員への脅迫が相次いだため、破壊活動の容疑者に対し令状なしの逮捕、裁判なしの投獄、陪審員によらない裁判を認めた。正式名称は「刑事法緊急権限法 (Criminal Law Emergency Powers Act) 」。法制定に大きな役割を果たしたローラット委員会 (Rowlatt Committee) の長であるシドニー・ローラット (Sydney Rowlatt) の名を冠して「ローラット法」と通称する。
引用元:ローラット法 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%A9%E3%83%83%E3%83%88%E6%B3%95

ローラット法
ローラットほう
Rowlatt Acts

1919年3月,インド政庁によって可決された治安維持法。 S.ローラットを委員長とする治安委員会報告にそって,3ヵ年の期限つきで実施された。第1次世界大戦中に活発化した民族運動を封じ,言論や政治活動の自由の抑圧を目的として,令状なしの逮捕や,正規の裁判なしの禁錮などを内容としたこの法律は,大戦に協力したインド人中産階層の自治への夢を粉砕したが,民族運動に大衆的基礎を与えるという逆効果を生じた。 M.ガンジーは抗議運動を組織したが,これは同年4月のアムリッツァル虐殺事件を引起した。しかし,この抗議運動は非暴力運動として継承され,ガンジーを民族運動の新しい指導者として決定づけた。なお同法は現実に適用されることはなかった。
引用元:ローラット法(ローラットほう)とは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%A9%E3%83%83%E3%83%88%E6%B3%95-153447