「ウォルムス協約」 教皇カリストゥス2世と皇帝ハインリヒ5世 ドイツの叙任権闘争を妥結した協約

219irLSVqqxkj
1122年に僧職叙任権闘争を終結
させるため教皇カリクスツス2世
と神聖ローマ皇帝ハインリヒ5世
が結んだのは◯◯◯◯◯協約?
ジォタムブ
ウスネヒク
ニトレート
→ウォルムス
「ウォルムス協約」

ヴォルムス協約(ドイツ語: Wormser Konkordat)は、1122年にドイツのヴォルムスにおいて神聖ローマ皇帝ハインリヒ5世とローマ教皇カリストゥス2世の間で結ばれた政教条約である。両者の取り持ちにはレオポルト3世が当たったという[1]。神聖ローマ帝国内で世俗権力と教会が争った聖職者の叙任権の問題(叙任権闘争)を解決し、「叙任権は教会にあり、皇帝は世俗の権威のみを与える」と取り決めた。「根本問題をなにひとつ解決していない不透明な妥協の産物」とも評される[1]。
>また、この協約の承認を求めるため第1ラテラン公会議(1123年)が召集されることになり、中世に入って行われていなかった公会議が復活することになった。
引用元: ヴォルムス協約 – Wikipedia.

ウォルムス協約【ウォルムスきょうやく】
ドイツの僧職叙任権闘争を一応終結させた協約。1122年神聖ローマ皇帝ハインリヒ5世と教皇カリストゥス2世CallistusII(在位1119年―1124年)の間でドイツ南部ウォルムスWormsで結ばれ,ドイツ以外での僧職叙任権は教皇の手に帰し,皇帝権は後退したが両者ともに不満として紛争は続いた。
引用元: ウォルムス協約とは – コトバンク.