織田四天王生年順「柴田勝家」「滝川一益」「明智光秀」「丹羽長秀」織田をしたうアニキ

195LpnQYLxJce
次の織田信長の四天王を
早く生まれた順に
選びなさい
柴田勝家 1522
滝川一益 1525
明智光秀 1528
丹羽長秀 1535

織田をしたうアニキ
「柴田・滝川・明智・丹羽」

織田四天王(おだしてんのう)は、織田信長に仕えて天下統一事業に貢献した4人の武将を顕彰した呼称。仏教の四天王に準えている。類似の概念として1人(羽柴秀吉)を加えた織田五大将がある。

柴田勝家
(1522年 – 1583年)
>丹羽長秀
(1535年 – 1585年)
>滝川一益
(1525年 – 1586年)
>明智光秀
(1528年 ? – 1582年)
引用元: 織田四天王 – Wikipedia.

柴田 勝家(しばた かついえ)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将・大名である。
>大永2年(1522年)、『張州府誌』によると尾張国愛知郡上社村(現:愛知県名古屋市名東区)で生まれる(異説あり[4])。生年には大永6年(1526年)説や大永7年(1527年)説もあり、明確ではない。出自は不明で柴田勝義の子といわれるが、確実な資料はない。おそらく土豪階層の家の出身であると思われる。
>武骨の性格で、その秀でた武勇から鬼柴田と呼ばれ、江戸中期の随筆『翁草』の小唄の1節に秀吉らとともに、勝家は戦場における突進力では随一という意味でかかれ柴田と評されている[12]。
引用元: 柴田勝家 – Wikipedia.

滝川 一益(たきがわ いちます / かずます)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将、大名。織田氏の家臣。織田四天王の一人。
>大永5年(1525年)、滝川一勝もしくは滝川資清の子として生まれたが、尾張の織田信長に仕えるまでの半生は不明である。
>「先駆けは滝川、殿(しんがり)も滝川」と称され[37]、織田四天王の1人として数えられた。信長から厚く信任された重臣の一人で、東国支配の重要性から一益が上野国主に選ばれたが、信長は既に58歳になる一益を草深い遠国に送る事を気の毒に思い、秘蔵の馬を一益に贈り、この馬で入国せよと気遣いを示したという[7]。
引用元: 滝川一益 – Wikipedia.

明智 光秀(あけち みつひで)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将。戦国大名・織田信長の重臣の一人で、日本史の謎の一つとされる本能寺の変を起こした事で有名である。
>清和源氏の土岐氏の支流明智氏に生まれ、父は明智光綱といわれる。生年は『西教寺過去帳』『明智軍記』『細川家文書』からは享禄元年(1528年)とされる[1]。場所は岐阜県可児市明智の明智城が有力とされる[5]。

丹羽 長秀(にわ ながひで)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将・大名。織田氏の家臣。
>天文4年(1535年)9月20日、丹羽長政の次男として尾張春日井郡児玉(現在の名古屋市西区)に生まれる。丹羽氏は元々斯波氏の家臣であったが、長秀は天文19年(1550年)から織田信長に仕えた。
>長秀は信長の養女(信長の兄・織田信広の娘で姪)を妻に迎え、嫡男の長重も信長の五女を娶っている。さらに、長秀は信長から「長」の字の偏諱を受け、親しい主従関係であった。2代に渡って信長の姻戚となった例は、他の家臣には一切無いところを見てもわかるように、長秀は信長から「長秀は友であり、兄弟である」と呼ばれるという逸話が残るほど、厚く信頼されていたことがうかがえる。
織田四天王、織田五大将の1人であり、柴田勝家と並ぶ猛将としても知られ、その武者振りから鬼五郎左と称される。
引用元: 丹羽長秀 – Wikipedia.