荻生徂徠『政談』 吉宗の侍医・荻生北渓


弟の北渓は徳川吉宗の侍医
江戸時代中期の儒学者
柳沢吉保に抜擢される
著書『政談』
雨森芳洲
木下順庵
荻生徂徠(答)
頼山陽
50%


木下順庵の弟子
江戸時代中期の儒学者
『治要管見』『交隣提醒』
対馬藩朝鮮方佐役として活躍
雨森芳洲(答)

連想
5代将軍・徳川綱吉の侍講
江戸時代前期の儒学者
著書『錦里文集』
弟子に新井白石や室鳩巣
木下順庵(答)

連想
江戸時代の陽明学者
大分県の耶馬渓の命名者
息子は三樹三郎
著書『日本外史』
頼山陽(答)

荻生 徂徠(おぎゅう そらい、正仮名遣:をぎふそらい、寛文6年2月16日(1666年3月21日) – 享保13年1月19日(1728年2月28日)は、江戸時代中期の儒学者・思想家・文献学者である。名は双松(なべまつ)、字・実名は「茂卿」で、実名としては「しげのり」、字としては「もけい」と読む[1]。通称は総右衛門[2]。徂徠と号し(一説では「徂來」が正しいとする)、又蘐園と号した。「徂徠」の号は『詩経』「徂徠之松」に由来し、「松が茂る」の意味である「茂卿」ともに松に関する名であることが指摘される[3]。本姓は物部氏で、「物茂卿」とも号した[4]。父は5代将軍・徳川綱吉の侍医・荻生景明。弟は徳川吉宗の侍医で明律研究で知られた荻生北渓。その弟の影響を受けて、『明律国字解』を著している。
引用元:荻生徂徠 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%8D%BB%E7%94%9F%E5%BE%82%E5%BE%A0

おぎゅう‐そらい〔をぎふ‐〕【荻生徂徠】

[1666~1728]江戸中期の儒学者。江戸の人。名は双松(なべまつ)。字(あざな)は茂卿(しげのり)。別号、蘐園(けんえん)。また、物部氏の出であることから、中国風に物(ぶつ)徂徠と自称。朱子学を経て古文辞学を唱え、門下から太宰春台・服部南郭らが出た。著「弁道」「蘐園随筆」「政談」「南留別志(なるべし)」など。
引用元:荻生徂徠(おぎゅう そらい)とは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E8%8D%BB%E7%94%9F%E5%BE%82%E5%BE%A0-17726

雨森 芳洲(あめのもり ほうしゅう、寛文8年5月17日(1668年6月26日) – 宝暦5年1月6日(1755年2月16日))は、江戸時代中期の儒者。諱は俊良、のち誠清(のぶきよ)、通称は藤五郎・東五郎、号は芳洲、字を伯陽、漢名として雨森東を名乗った。中国語、朝鮮語に通じ、対馬藩に仕えて李氏朝鮮との通好実務にも携わった。[1]新井白石・室鳩巣ともに木下門下の五先生や十哲の1人に数えられた。
引用元:雨森芳洲 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9B%A8%E6%A3%AE%E8%8A%B3%E6%B4%B2

きのした‐じゅんあん【木下順庵】

[1621~1698]江戸前期の儒学者。京都の人。名は貞幹(さだまさ)。別号、錦里。松永尺五(まつながせきご)に学び、加賀藩主に仕え、のち将軍綱吉の侍講となった。門下に新井白石・室鳩巣(むろきゅうそう)・雨森芳洲(あめのもりほうしゅう)・祇園南海(ぎおんなんかい)らがいる。詩文集「錦里文集」など。
引用元:木下順庵(きのした じゅんあん)とは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E6%9C%A8%E4%B8%8B%E9%A0%86%E5%BA%B5-16209

頼 山陽(らい さんよう、安永9年12月27日(1781年1月21日) – 天保3年9月23日(1832年10月16日))は、大坂生まれの江戸時代後期の歴史家、思想家、漢詩人、文人。幼名は久太郎(ひさたろう)、名は襄(のぼる)、字は子成。山陽、三十六峯外史と号した。主著に『日本外史』があり、これは幕末の尊皇攘夷運動に影響を与え、日本史上のベストセラーとなった。贈正四位[1]。
引用元:頼山陽 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%A0%BC%E5%B1%B1%E9%99%BD

頼 三樹三郎(らい みきさぶろう、1825年7月11日(文政8年5月26日)- 1859年11月1日(安政6年10月7日))は、江戸時代末期(幕末)の儒学者。名は醇。通称は三木八。号は鴨崖。頼山陽の三男。
引用元:頼三樹三郎 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%A0%BC%E4%B8%89%E6%A8%B9%E4%B8%89%E9%83%8E

鈴木 三樹三郎(すずき みきさぶろう、天保8年7月15日(1837年8月15日) – 大正8年(1919年)7月11日)は、江戸時代末期(幕末)の武士・新選組九番隊組長・御陵衛士、明治時代の警察官・官吏。初名は多聞。
引用元:鈴木三樹三郎 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%88%B4%E6%9C%A8%E4%B8%89%E6%A8%B9%E4%B8%89%E9%83%8E