「崔済愚」東学を創始


西学と呼ばれたキリスト教に
対抗して、東学を創始した
李氏朝鮮後期の宗教家は?
金愚済圭
夏崔泰慮
崔済愚(答)
18%

崔 済愚(チェ・ジェウ、さい せいぐ、최제우、1824年12月18日(旧暦10月28日) – 1864年4月15日(旧暦3月10日))は、李氏朝鮮(李朝)後期の宗教家。排外的な新宗教、東学を創始した。『竜潭遺詞』、『東経大全』などを書いた。

生涯[編集]
1824年、慶尚北道の慶州で生まれた。1860年に慶州の竜潭亭で天啓を受け、儒教・仏教・民間信仰などを融合した東学を創始した[1]。東学という名称には、西学(キリスト教)への対抗がみられた[1]。かれは、やがて理想的な「後天開闢」の時代がやってくるので、人びとは東学の信者となり、熱心に呪文を唱えて修養に励み、霊符を飲むことで天と人が一体となることを説いたが、これが当時の厳格な身分制社会、李朝の統治理念である儒学思想を動揺させる恐れがあったため、1863年に政府によって捕らえられ、翌年に「邪道亂正」の罪で処刑された[1][注釈 1]。
引用元:崔済愚 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B4%94%E6%B8%88%E6%84%9A

崔済愚
さいせいぐ(チェジェウ)。19世紀末に朝鮮で東学という宗教を起こした。

19世紀末の朝鮮王朝で、没落した両班であった崔済愚は、西欧諸国の朝鮮侵略の現実に直面して危機を感じ、西欧に対抗するためにはその宗教であるキリスト教(西学)に対して、東学、つまり東洋の教理を強めることを唱えた。東学が目指すのは人と天を一体化させ、地上に天国を実現するというものであり、呪文を唱えるなどわかりやすい教義であったので、民衆に急速に広がった。朝鮮王朝政府は東学の広がりを危険な思想と考え、1863年に教祖崔済愚を捕らえて翌年処刑した。二代目教祖崔時亨は、崔済愚は無実であるとしてさらに活動を広め、秘密組織を作っていった。その一人全琫準が1894年に農民に蜂起を呼びかけ、甲午農民戦争が勃発した。
引用元:崔済愚 http://www.y-history.net/appendix/wh1303-142.html