ジル・ドゥルーズ『アンチ・オイディプス』『千のプラトー』


フェリックス・ガタリとの共著
『アンチ・オイディプス』や
『千のプラトー』で有名な
フランスの哲学者は?
ジャック・デリダ
メルロ・ポンティ
ジル・ドゥルーズ(答)
ジャン・ボードリヤール
52%


ポスト構造主義の旗手として「デコンストラクション」などの概念を生みだした現代フランスの哲学者は?
ジャック・デリダ(答)

四択
著書に『実証哲学講義』がある「社会学」という言葉を考案し「社会学の祖」と呼ばれるフランスの哲学者は?
オーギュスト・コント(答)

四択
著書に『知覚の現象学』があるフッサールの現象学に大きな影響を受けた、実存主義を代表するフランスの哲学者は?
メルロ・ポンティ(答)

四択
「顔」に注目した独自の思想を展開し『全体性と無限』などの著書を残したフランスの哲学者は?
エマニュエル・レヴィナス(答)

ジル・ドゥルーズ(Gilles Deleuze, 1925年1月18日 – 1995年11月4日)は、フランスの哲学者。パリ第8大学で哲学の教授を務めた。20世紀のフランス現代哲学を代表する哲学者の一人であり、ジャック・デリダなどとともにポスト構造主義の時代を代表する哲学者とされる[1]。ただし、同時代のあらゆる哲学者にとって他称でしかない「ポスト構造主義」というカテゴライズについて、ドゥルーズ本人は否定している(本頁「哲学史上の意義」の節を参照)。

精神科医で哲学者でもあるフェリックス・ガタリとの共著のなかで、戦争機械、リゾーム、器官なき身体(これは作家、劇作家のアルトーの言葉から発したもの)等の「概念」を次々と創造していった。いまだその概念の可能性のすべては汲み尽くされていないとされる。これらの理論はニーチェ、ベルクソンにその源流を持つ「生成の哲学」とも言うべきもので、日本の思想界にも大きな影響を及ぼした。浅田彰、中沢新一などのニューアカデミズムは、彼からインスピレーションを得ている。

>ガタリとの共著[編集]
L’Anti-OEdipe: Capitalisme et schizophrénie 1 (1972)
『アンチ・オイディプス──資本主義と分裂症』 市倉宏祐訳、河出書房新社、1986
『アンチ・オイディプス』 宇野邦一訳、河出文庫上下、2006  
Kafka: Pour une littérature mineure (1975)
『カフカ──マイナー文学のために』 宇波彰・岩田行一訳、法政大学出版局:叢書ウニベルシタス、1978 
Rhizome, extrait de Mille Plateaux (1976)
『リゾーム…序』 豊崎光一訳、朝日出版社(『エピステーメー』臨時増刊附録、1977/単行本、1987) 
Mille Plateaux: Capitalisme et schizophrenie 2 (1980)
『千のプラトー──資本主義と分裂症』 宇野邦一ほか訳、河出書房新社、1994/河出文庫上中下、2010.9-11 
Qu’est-ce que la philosophie? (1991)
『哲学とは何か』 財津理訳、河出書房新社、1997
Politique et psychanalyse 
『政治と精神分析』 杉村昌昭訳、法政大学出版局:叢書ウニベルシタス、1994 ISBN 4588004603
引用元:ジル・ドゥルーズ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%83%89%E3%82%A5%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%82%BA

ジャック・デリダ(Jacques Derrida, 1930年7月15日 – 2004年10月8日)は、フランスの哲学者である。フランス領アルジェリア出身のユダヤ系フランス人。一般にポスト構造主義の代表的哲学者と位置づけられている。エクリチュール(書かれたもの、書法、書く行為)の特質、差異に着目し、脱構築(ディコンストラクション)、散種、差延等の概念などで知られる。エトムント・フッサールの現象学に関する研究から出発し、フリードリヒ・ニーチェやマルティン・ハイデッガーの哲学を批判的に継承し発展させた。哲学のみではなく、文学、建築、演劇など多方面に影響を与えた。またヨーロッパだけでなくアメリカ、日本など広範囲に影響を与えた。国際哲学コレージュの初代議長でもある。代表的な著作に『グラマトロジーについて』、『声と現象』、『エクリチュールと差異』などがある。
引用元:ジャック・デリダ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%BB%E3%83%87%E3%83%AA%E3%83%80

モーリス・メルロー=ポンティ(Maurice Merleau-Ponty、1908年3月14日 – 1961年5月3日)は、フランスのロシュフォール生まれの哲学者。主に現象学の発展に尽くした。パリの自宅で執筆中、心臓麻痺のため死去。著書の日本語訳等においては、「モーリス・メルロ=ポンティ」、「モーリス・メルロ・ポンティ」など、Merleauに長音記号を付けない表記が多く用いられている。
引用元:モーリス・メルロー=ポンティ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A2%E3%83%BC%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%83%A1%E3%83%AB%E3%83%AD%E3%83%BC%EF%BC%9D%E3%83%9D%E3%83%B3%E3%83%86%E3%82%A3

ジャン・ボードリヤール(Jean Baudrillard、1929年7月27日 – 2007年3月6日)は、フランスの哲学者、思想家である。『消費社会の神話と構造』(La Sociétéde Consommation 1970)は現代思想に大きな影響を与えた。ポストモダンの代表的な思想家とされる。
引用元:ジャン・ボードリヤール – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%9C%E3%83%BC%E3%83%89%E3%83%AA%E3%83%A4%E3%83%BC%E3%83%AB


河出文庫
アンチ・オイディプス〈上〉―資本主義と分裂症
ドゥルーズ,ジル〈Deleuze,Gilles〉 ガタリ,フェリックス【著】〈Guattari,F´elix〉 宇野邦一【訳】
河出書房新社
2006/10/20出版
409p 15cm(A6)
ISBN:9784309462806 (4309462804)
NDC:135.5
\1,200 (税込\1,296)
マグマのような苛烈な文体によって、唯物論哲学を大胆に書き変えた名著の新訳。
精神分析批判から資本主義と国家への根底的な批判へ向かい、そのための「分裂分析」をうち立てた革命的な思考はいまこそ「再発見」されなければならない。
欲望機械/器官なき身体とともに、最も危険でカオティックな思考の実験がはじまる。
引用元:BookWebPro 和書検索 http://bookwebpro.kinokuniya.co.jp/wshosea.cgi?W-NIPS=9981257214&REFERER=0