「岩見」重太郎 薄田兼相と同一説


戦国時代の武将・薄田兼相と
同一視される、ヒヒ退治で有名
な伝説の人物は◯◯重太郎?
◯の苗字をひらがなで答えなさい
いわみ(答)
21%
岩見重太郎
いわみじゅうたろう

380dwevqytgylr
岩見重太郎と同一視されることも
ある大阪夏の陣で戦士した武将
薄田兼相
すすきだかねすけ(答)
引用元:すすきだかねすけ「薄田兼相」歌舞伎・講談の英雄岩見重太郎説もある武将 http://seethefun.net/%E6%96%87%E7%B3%BB%E5%AD%A6%E5%95%8F/31512/

薄田 兼相(すすきだ かねすけ)は、戦国時代から江戸時代初期の武将である。通称は隼人正。豊臣秀頼に仕えた。仇討ちや狒々退治の伝説で知られる武芸者・岩見重太郎と同一視される。

夏の陣の道明寺の戦いにおいては、霧の発生により先陣の後藤基次の到着から8時間以上も到着が遅れ、直前に基次を討死させてしまう。そこで陣頭指揮を取り、乱戦の中で自ら何人もの敵兵を倒したが、討死を遂げたといわれている。討ち取ったのは水野勝成の家臣・河村重長、本多忠政勢、伊達政宗家臣の片倉重長勢などそれぞれの家臣の説があり、はっきりしない。
墓は大阪府羽曳野市誉田7丁目に子孫にあたる浅野家の一族によって建立され、平成8年(1996年)に羽曳野市の指定有形文化財となっている[1]。
剛勇の武将として知られ、兼相流柔術や無手流剣術においては流祖とされている。

薄田兼相の前身が岩見重太郎であるという説は有名である。それによるならば、小早川隆景の剣術指南役・岩見重左衛門の二男として誕生したが、父は同僚の広瀬軍蔵によって殺害されたため、その敵討ちのために各地を旅したとされる。その道中で化け物退治をはじめとする数々の武勇談を打ち立て、天正18年(1590年)天橋立にてついに広瀬を討ち果たした。その後、叔父の薄田七左衛門の養子となったとされる。
大阪市西淀川区野里に鎮座する住吉神社には薄田兼相に関する伝承が残されている[2]。この土地は毎年のように風水害に見舞われ、流行する悪疫に村民は長年苦しめられてきた[2]。悩んだ村民は古老に対策を求め、占いによる「毎年、定められた日に娘を辛櫃に入れ、神社に放置しなさい」という言葉に従い、6年間そのように続けてきた[2]。7年目に同様の準備をしている時に薄田兼相が通りがかり、「神は人を救うもので犠牲にするものではない」と言い、自らが辛櫃の中に入った[2]。翌朝、村人が状況を確認しに向かうと辛櫃から血痕が点々と隣村まで続いており、そこには人間の女性を攫うとされる大きな狒々が死んでいたという[2]。
引用元:薄田兼相 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%96%84%E7%94%B0%E5%85%BC%E7%9B%B8

?-? 織豊-江戸時代前期の剣術家。
丹後(京都府)天橋立(あまのはしだて)での仇討ち,信濃(しなの)(長野県)での狒々(ひひ)退治など,読み本や講談で知られる豪傑。豊臣方にくわわり,慶長20年(1615)大坂夏の陣の道明寺の戦いで討ち死にしたという。薄田兼相(すすきだ-かねすけ)と同一人物とする説もある。
引用元:岩見重太郎(いわみじゅうたろう)とは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E5%B2%A9%E8%A6%8B%E9%87%8D%E5%A4%AA%E9%83%8E-32734