ステンカ・ラージンの乱、プガチョフの乱、デカブリストの乱


次のロシアで起きた反乱を
古い順に選びなさい
ステンカ・ラージンの乱
プガチョフの乱
デカブリストの乱
42%

1670年、ロシアのドン=コサックが起こした農民反乱。17世紀の危機の一つの現れであった。

 1670年、ロシアのロマノフ朝(ツァーリはミハエルの次のアレクセイの時)に起こった農民反乱を指導したドン=コサックの首領。正しくはステパン=ラージン。あるいはスチュンカ=ラージンとも表記する。セテンカというのはステパンの愛称という。
 コサックはロシアのモスクワ大国時代、農奴制が強化されて、農奴への収奪が激しくなったとき、自由を求めて南ロシアの草原地帯に逃れ、半農耕・半遊牧の生活を送るようになった人々をいう。それぞれの首長に率いられて、次第に地域的な武装集団となっていった。ドン=コサックとは南ロシアのドン川流域で活動していた自治的な戦士集団であり、たびたび黒海沿岸やカスピ海沿岸に遠征し、略奪行為を繰り返していた。ラージンの率いるドン=コサックは、ヴォルガ川中下流でロシアからの独立をめざして反乱を起こし、アストラハンを拠点としてロシア帝国に抵抗した。ロシアはそれまで、コサックに自治権を与え、トルコなどからの国境防備などに利用していたが、ラージンの反乱に対しては弾圧に転じた。ステンカ=ラージンは捕らえられ、翌年モスクワの赤の広場で、四つ裂きの刑で殺され、反乱後すべてのコサックはツァーリへの忠誠を誓わされ、その自治権は大幅に奪われた。ステンカ=ラージンの記憶は民衆の中に長く記憶され、約百年後の農民反乱のプガチョフの反乱につながっている。
引用元:ステンカ=ラージン http://www.y-history.net/appendix/wh0904-124.html

18世紀後半、ロシアのエカチェリーナ2世の時に起こった大規模な農民反乱。

1773年、エカチェリーナ2世統治下のロシアで起こった大農民反乱。農奴制の強化、重税などのロマノフ朝絶対王政に対する農民反乱であった。その指導者プガチョフは、生きている「ピョートル3世」(エカチェリーナ2世によって廃され、直後に死亡したとされている)であると自称し、エカチェリーナ2世を帝位簒奪者として非難した。彼はドン・コサックであったので、呼びかけに応じて各地のコサックが蜂起、さらに帝国内のロシア人以外の民族や工場労働者まで支持を広げ、大反乱となった。1774年、オレンブルクで政府軍はプガチョフ軍に打撃を与え、プガチョフは捕らえられ、75年処刑された。反乱を鎮圧したエカチェリーナ2世はロシアの農奴制をさらに強化し、貴族との妥協を図った。
なお、このプガチョフの反乱を題材とした小説が、プーシキンの『大尉の娘』(1836)である。
引用元:プガチョフの反乱 http://www.y-history.net/appendix/wh1001-159.html

デカブリスト、デカブリストの反乱
ウィーン体制下のロシアの1825年に起こった自由主義を求める青年将校の反乱。反乱に決起した人々をデカブリスト(十二月党)という。

 ナポレオンのモスクワ遠征に対する反撃に従事し、フランス軍を追ってパリに入ったロシア貴族出身の青年将校は、そこでフランスの「自由と平等」に直に触れ、自由主義と国民国家に憧れる者も多かった。ロシアに帰った青年将校の中から皇帝の専制政治(ツァーリズム)に対する不満を強く感じる者が現れた。ウィーン体制のもとで、ヨーロッパの憲兵といわれたロシア皇帝は国際的な反動勢力の中心として、自由主義やナショナリズムへの弾圧を強めていたが、青年将校たちは、ツァーリズムとそれを支える農奴制がロシアの後進性の根元と考えるようになっていった。
引用元:デカブリストの反乱 http://www.y-history.net/appendix/wh1201-048.html