須弥山 しゅみせん インド仏教の聖山 

005InCxFLckEM
古代インド仏教において
世界の中心にあるとされた山
須弥山
しゅみせん

>須弥山(しゅみせん、旧字体:須彌山、サンスクリット:Sumeru)は、古代インドの世界観の中で中心にそびえる山。インド神話ではメル山、メルー山、スメール山ともいう。
>『倶舎論』によれば、風輪の上に水輪、その上に金輪がある。また、その最上層をなす金輪の最上面が大地の底に接する際となっており、これを金輪際(こんりんざい)という。なお、このことが俗に転じて、物事の最後の最後までを表して金輪際と言うようになった。
引用元: 須弥山 – Wikipedia