歌島『潮騒』


三島由紀夫の小説『潮騒』の
舞台となった島は
歌島である
◯(答)
×小豆島
53%

IMG_0612njxgsQzWLhzD
長崎県の大村湾内にある
歌手のさだまさしが個人所有する
島の名前は○島?
○の漢字をひらがなで答えなさい
うた(答)
「詩島うたじま」
引用元:『親父の一番長い日』さだまさし(佐田 雅志) 個人所有「詩島(うたじま)」 http://seethefun.net/%E8%8A%B8%E8%83%BD/24388/

『潮騒』(しおさい)は、三島由紀夫の10作目の長編小説。中編小説とみなされることもある[1]。三島の代表作の一つで、何度も映画化されるなど一般的にも人気の高い作品である[1][2]。三重県鳥羽市に属する歌島(現在の神島の古名)を舞台に、若く純朴な恋人同士の漁夫と海女が、いくつもの障害や困難を乗り越え、成就するまでを描いた純愛物語。古代ギリシアの散文作品『ダフニスとクロエ』に着想を得て書かれた作品である[3][4]。
1954年(昭和29年)6月10日に書き下ろしで新潮社より刊行された[5][6]。たちまちベストセラーとなり、第1回(1954年度)新潮社文学賞を受賞した[6][7][注釈 1]。刊行後すぐに複数の映画会社が映画化をめぐり争奪戦となり[2]、アメリカでも翻訳出版されベストセラーとなった[7]。文庫版は翌1955年(昭和30年)12月25日に新潮文庫より刊行された[10]。翻訳版はメレディス・ウェザビー訳(英題:The Sound of Waves)をはじめ、世界各国多数で行われている[11]。

>作品評価・研究[編集]
『潮騒』は、『仮面の告白』『金閣寺』など三島の他の純文学系統とは色合いが異なり、話にも、難解・狷介な要素がなく、近代小説としては珍しく素直に青春の恋愛物語を描いた牧歌的な作品である[4]。また、幅広い人気を博し、異例とも言える5回もの映画化もなされ、三島作品のなかで最も多くの「文学全集」に採られている作品でもある。『まんが日本昔ばなし』などでアニメ化もされ、2013年(平成25年)には、テレビドラマ『あまちゃん』内に登場する架空の映画『潮騒のメモリー』に、『潮騒』をパロディ化した内容が含まれるなど、スタンダードな作品として定着している。

>マルグリット・ユルスナールは、三島の「黒い傑作」が『仮面の告白』、「赤い傑作」が『金閣寺』とすれば、『潮騒』は「透明な傑作」だとし[31]、それは「一般に作家がその生涯に一度しか書けないような、あの幸福な書物の一つ」であり、その華やかな大成功のために、「気むずかしい読者」には胡散臭く映ってしまうような作品の一つでもあると、以下のように高評価している[31]。
その完璧な明澄さそのものが一つの罠なのだ。古典期ギリシアの彫刻家が人体の上に光と影の段落を描き出す、あまりに際立った凹凸をつくることを避けて、限りなくデリケートな肉づきを目や手により生々しく感知させようとしたように、『潮騒』は批評家に解釈のための手がかりをあたえない書物なのである。(中略)若者の恋というテーマだけを取ってみれば、『潮騒』はまず、『ダフニスとクロエ』の無数の二番煎じの一つのように見える。けれどもここで古代と、さらにずっと後代の変則的な古代とを、あらゆる偏見を棄てて比較してみると、二つのうちでは『潮騒』の旋律の示す音高線のほうがはるかに純粋だ。
— マルグリット・ユルスナール「三島由紀夫あるいは空虚のヴィジョン」[31]
引用元:潮騒 (小説) – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%BD%AE%E9%A8%92_(%E5%B0%8F%E8%AA%AC)