「狭き門より入れ」山上の垂訓


聖書の中の言葉
『マタイによる福音書』
山上の垂訓の一節
アンドレ・ジイドの小説
「狭き門より入れ」(答)
「目から鱗が落ちる」
「死に至る病」
「汝の隣人を愛せよ」
43%

333AmSXpKn
次のうち、聖書の中の記述に
由来する言葉を1つ選びなさい
手の内
目からうろこ(答)『新約聖書』使徒行伝
一炊の夢 『枕中記』(ちんちゅうき)
狭き門(答)『新約聖書』マタイ福音書
笛吹けども踊らず(答)『新約聖書』マタイ伝
血は水よりも濃い
火中の栗を拾う  『寓話集』
幸運の女神には前髪しかない 「カイロス」神由来?
引用元:聖書由来の言葉「目からうろこ」「狭き門」「笛吹けども踊らず」「豚に真珠」「地の塩」 http://seethefun.net/%E6%96%87%E7%B3%BB%E5%AD%A6%E5%95%8F/21807/


聖書の中の言葉
ヨハネによる福音書
キルケゴールの著書の題名
「絶望」を意味する言葉
「死に至る病」(答)

連想
聖書の中の言葉
新約聖書・使徒言行録
絵画のモチーフにも
パウロが回心してキリスト教徒に
「目から鱗が落ちる」(答)

連想
聖書の中の言葉
『マタイによる福音書』
良きサマリア人
アガペー
「汝の隣人を愛せよ」(答)

『狭き門』(せまきもん、原題:La Porte étroite、1909年)は、フランスのノーベル文学賞受賞者アンドレ・ジッドによる小説である。
題名の「狭き門」は、新約聖書のマタイ福音書第7章第13節にあらわれる、
狭き門より入れ、滅にいたる門は大きく、その路は廣く、之より入る者おほし。
(文語訳聖書による)
というイエス・キリストの言葉に由来する。すなわち困難であっても多数派に迎合せず、救いにいたる生き方の喩えである。
引用元:狭き門 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%8B%AD%E3%81%8D%E9%96%80

山上の垂訓(さんじょうのすいくん)とは、新約聖書内マタイによる福音書第五章から七章とルカによる福音書第六章にある、イエスが山の上で弟子たちと群集に語った教えのこと。山上の説教とも。

>概要[編集]
教えの最も有名な部分は、章頭(マタイによる福音書5章3節から10節まで)の「幸福なるかな」と8回繰り返されるところであり、幸福の説教、真福八端(しんぷくはったん)、真福詞等とも呼ばれている。正教会ではこれに5章12節前半にある「幸いなり、~天には爾等の報い多ければなり。」までを加えて9句の構成とし真福九端(しんぷくきゅうたん)と呼んで、主日の聖体礼儀などに極めて頻繁に歌われる。
比較的理解が難しい幸福の説教の第1文(マタイ5:3)は、霊的な意味での「全き謙遜」にある状態を幸いとするものであり、キリストによって語られる「父なる神」の教えを真摯に追い求めることが最も重要であることを説いている。
さらに、キリスト教の祈祷文である主の祈りや、「地の塩、世の光」、「右の頬を打たれれば、左も向けなさい」、「汝の敵を愛せよ」、「裁くな、裁かれないためである」、「何でも人にしてもらいたいと思うことは、その人にしなさい」(イエスの黄金律)、「敲けよ、さらば開かれん」、「狭き門より入れ」といった、キリスト教徒にとって中心的な教義が述べられており、これらは非常に有名である。日本語でも、豚に真珠、砂上の楼閣といった言い回しはここから取られている。
引用元:山上の垂訓 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B1%B1%E4%B8%8A%E3%81%AE%E5%9E%82%E8%A8%93

死に至る病【しにいたるやまい】

原題《Sygdommen til Dφden》。キルケゴールの著(筆名アンティ・クリマクス)。1849年刊。〈死に至る病〉とは絶望を意味し,新約聖書の〈ラザロの復活〉におけるイエスの言葉〈この病は死ぬほどのものではない〉(《ヨハネによる福音書》11:4)にちなむ。
引用元:死に至る病(シニイタルヤマイ)とは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E6%AD%BB%E3%81%AB%E8%87%B3%E3%82%8B%E7%97%85-522412

目(め)から鱗(うろこ)が落・ちる

《新約聖書「使徒行伝」第9章から》何かがきっかけになって、急に物事の実態などがよく見え、理解できるようになるたとえ。
[補説]文化庁が発表した平成19年度「国語に関する世論調査」では、本来の言い方とされる「目から鱗が落ちる」を使う人が80.6パーセント、本来の言い方ではない「目から鱗が取れる」を使う人が8.7パーセントという結果が出ている。
引用元:目から鱗が落ちる(メカラウロコガオチル)とは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E7%9B%AE%E3%81%8B%E3%82%89%E9%B1%97%E3%81%8C%E8%90%BD%E3%81%A1%E3%82%8B-642682

聖 書:イザヤ書11章1~10節

マタイによる福音書5章43~48節

説教題:「あなたの敵を愛しなさい」

キリスト教は愛の宗教であると言われます。それに加えて、キリスト教の愛の特徴は敵を愛する愛であると言えます。主イエスはマタイによる福音書5章44節で、「あなた方も聞いているとおり、『隣人を愛し、敵を憎め』と命じられている。しかし、わたしは言っておく。敵を愛し、自分を迫害する者のために祈りなさい」と弟子たちに命じておられます。主イエスを信じ、主イエスに従う弟子たちに求められている愛は、普通の愛よりもはるかに高い愛なのです。

敵をも愛する愛なのです。

わたしたちはきょうの礼拝で、マタイによる福音書5章43節以下のみ言葉から、キリスト教の愛の特徴と言われる敵を愛する愛について学ぼうとしていますが、そしてそのことはまた、主イエスがわたしたち一人ひとりに対して「あなたの敵を愛しなさい」と命じておられるそのみ言葉に、わたしも聞き従うということなのですが、その敵をも愛する愛についてご一緒に学んでいきたいと思います。
引用元:あなたの敵を愛しなさい | 日本キリスト教会 南柏教会 http://minami-kashiwa.sakura.ne.jp/2014/10/27/452