「チャクトゥン」Chactún マヤ文明の遺跡


「赤い岩」という意味の、2013年
に発見されたマヤ文明の遺跡は?
チャクトゥン(答)
Chactún
34%


紀行文の名作『パタゴニア』で有名なイギリスの小説家です
チャトウィン(答)

CIMG0700CPlqnprYvRfu
歌舞伎の演芸場で、開演30分前に
演奏される鳴物のこと
ちゃくとう(答)
「着到」
引用元:『義経千本桜』「鳥居前」「鮨屋」「道行初音旅」「川連法眼館」 『雷神(なるかみ)不動北山桜』雲の絶間姫 『紅葉狩』更科姫 http://seethefun.net/%E8%8A%B8%E8%83%BD/4381/

メキシコ市 20日 ロイター] – メキシコのユカタン半島東部のジャングルで、スロベニアの考古学者らが古代マヤ文明の新たな遺跡を発見したことが分かった。研究者らは、約1000年前に起きたマヤ文明の衰退を解明する手がかりになると期待している。

スロベニア芸術科学アカデミーのIvan Sprajc准教授によると、遺跡が見つかったのはチェトゥマルの西約120キロ。ピラミッド15基のほか、舞踏会場、広場、彫刻を施した石柱などが見つかったという。

赤い岩などの意味を持つ「チャクトゥン」と名付けられたこの遺跡の人口は、グアテマラにあるマヤ文明最大の都市ティカルよりは小さかったとみられ、Sprajc准教授は3万─4万人ぐらいが暮らしていた可能性があるとした。

また、チャクトゥンが最も栄えた時期は、西暦600─900年の間ではないかとみられている。
引用元:メキシコ東部で新たなマヤ遺跡発見、ピラミッド15基も | ロイター http://jp.reuters.com/article/l3n0ex0bh-mexico-maya-idJPTYE95K02020130621

Chactún (Maya: Red stone)[1] is the name of an archaeological site of the Mesoamerican Maya civilization in the state of Campeche, Mexico, in the northern part of the Calakmul Biosphere Reserve. The site of approximately 54 acres is located in the lowlands of the Yucatán Peninsula, between the regions of Rio Bec and Chenes. There are some significant differences that have yet to be explained completely, which distinguish it from some of the other nearby sites.[2]

Discovery[edit]
A team of Mexican and foreign experts from the Research Center of the Slovenian Academy of Sciences and Arts (ZRC SAZU) and Universidad Nacional Autónoma de México (UNAM), headed by archaeologist Ivan Sprajc, rediscovered the site in 2013 [3] by aerial photographs[4] and named it Chactún, “Red Stone”. The name was based on an inscription which translated to “K’inich B’ahlam erected the Great Red Stone in (what would have been AD 751)”.[5]
引用元:Chactún – Wikipedia https://en.wikipedia.org/wiki/Chact%C3%BAn