深草「少」将


小野小町のもとに
九十九夜通ったという
伝説で知られる人物は
深草中将である
×(答)
◯深草少将
44%

深草少将(ふかくさのしょうしょう)は、室町時代に世阿弥ら能作者が創作した、小野小町にまつわる「百夜通い」の伝説に登場する人物。欣浄寺(京都市伏見区)に屋敷があったともされる。
欣浄寺の池の横には「少将の通い道」とよばれるものがあり、訴訟を持っている者がここを通るとかなわないと言われる。その他、小野小町供養塔と並んで深草少将供養塔がある。また、随心院(京都市山科区)には、深草少将等が書いた手紙を埋めたとされる「文塚」等がある。小野小町を愛したといわれ、小町が私の元へ百日間通い続けたら結婚しようと言い、九十九夜通ったが、雪の降る日で、雪に埋まり凍死したとも言われている。
引用元:深草少将 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B7%B1%E8%8D%89%E5%B0%91%E5%B0%86

深草少将 ふかくさのしょうしょう

「古今和歌集」読み人知らずの歌をもとにした説話上の人物。
小野小町のもとへ九十九夜かよいつめながら思いかなわず死んだとされる悲恋の少将。モデルは僧正遍昭とも大納言義平の子義宣ともいわれる。この説話をもとにした謡曲に「通(かよい)小町」,猿楽に「四位少将」がある。
引用元:深草少将(フカクサノショウショウ)とは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E6%B7%B1%E8%8D%89%E5%B0%91%E5%B0%86-616705

少将(しょうしょう)はもともとは律令制における官職の一つ。転じて軍隊の階級の一。 将官に区分され、中将の下、大佐または准将または代将の上に位置する。 北大西洋条約機構の階級符号(NATO階級符号)では、OF-7に相当する。 また、陸海空軍でそれぞれ呼称の異なる少将を総称しTwo-star rankと呼ぶこともある。

律令制における少将[編集]
左右近衛府の下位次官。唐名を驍騎将軍といった。
引用元:少将 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%91%E5%B0%86

中将(ちゅうじょう)は、もともとは律令制における官職の一つ。転じて軍隊の階級の一。将官に区分され、大将の下、少将の上に位置する。英呼称は、陸軍が lieutenant general(リューテネント・ジェネラル)、海軍が vice admiral(ヴァイス・アドミラル)。また、陸海空軍でそれぞれ呼称の異なる中将を総称しThree-star rankと呼ぶこともある。

律令制における中将[編集]
左右近衛府の次官。
引用元:中将 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%AD%E5%B0%86