「新」王莽


紀元8年に前漢を滅ぼし
新王朝・新を建国した
中国史の人物は?
王莽(答)
王維
王皓
王建
50%

おう‐もう〔ワウマウ〕【王莽】

[前45~後23]中国、前漢末の政治家。新朝の創建者。在位9~23。字(あざな)は巨君。成帝の母王太后の甥。平帝を立てて政権を握り、のち平帝を毒殺して帝位に就き、国号を新とした。在位15年。儒教的政策を強引におし進めたが失敗。劉秀(りゅうしゅう)(後漢の光武帝)に攻められ敗死した。
引用元:王莽(おうもう)とは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E7%8E%8B%E8%8E%BD-38896

新(しん、8年 – 23年)は、中国の王朝。前漢の外戚であった王莽が前漢最後の皇太子の孺子嬰より禅譲を受けて立てた。成帝の時、王莽は新都侯(新都は荊州南陽郡に在る)に封じられたことにより国号を新とした。
周の時代を理想とした政策を行なったが、その理想主義・復古主義的な政策は当時の実情に合っておらず[1]、国内は混乱。また、匈奴や高句麗に対して高圧的な態度を取ったためにこれらの離反を招くなど、その統治は失敗に終わり、国内には不満をもつものが多くなった。[要出典]

>やがて赤眉・緑林の乱が起こり、更始帝の軍により長安を落とされて王莽は殺され、1代限りで滅んだ。
引用元:新 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%96%B0

おうい【王維】

(701~761) 〔生没年は (699~756) とも〕 中国、盛唐の詩人・画家。字あざなは摩詰まきつ。仏教に帰依し、詩仏と称され、また晩年の官名により王右丞おうゆうじようとも呼ばれる。詩風は陶淵明に似、自然を歌詠した五言絶句にすぐれる。また、山水画を得意とし、後世、文人画(南宗画)の祖とされる。詩文集「王右丞集」など。
引用元:王維(おうい)とは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E7%8E%8B%E7%B6%AD-38527

王皓(おうこう、ワンハオ、1983年12月1日[1] – )は、中国の元男子卓球選手。吉林省長春市出身。かつては世界ランキング1位のプレイヤーであり、王励勤や馬琳と肩を並べる中国のトップの一角であった。
引用元:王皓 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%8E%8B%E7%9A%93

おうけん【王建】

(877~943) 朝鮮、高麗こうらいの建国者(在位918~943)。廟号びようごうは太祖。新羅しらぎ末の混乱期に後高句麗ごこうくりの水軍を率いて活躍。豪族の支持を受けて即位。935年新羅を併せ、翌年、後百済を破り朝鮮を統一。
引用元:王建(おうけん)とは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E7%8E%8B%E5%BB%BA-38626