ネルヴァ、トラヤヌス、ハドリアヌス、アントニウス・ピウス、マルクス・アウレリウス


次のうち
古代ローマの五賢帝を
全て選びなさい
テオドシウス
トラヤヌス(答)
コンスタンチヌス
51%

寝る虎はドリアン食って丸くなる、、、(笑)

寝る ネルヴァ
虎 トラヤヌス
はドリ ハドリアヌス
アン アントニヌス=ピウス(食って)
丸くなる マルクス=アウレリウス=アントニヌス
引用元:五賢帝が覚えられませんwいい覚え方ありませんか?ネルヴァトラヤ… – Yahoo!知恵袋 https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1295292252

1世紀末から2世紀末まで、ローマ帝国の全盛期にあたる安定期。

ローマ帝国のほぼ2世紀に登場した、ネルウァ・トラヤヌス・ハドリアヌス・アントニヌス=ピウス・マルクス=アウレリウス=アントニヌスの5人の皇帝をいう。ネルヴァ帝の即位した96年から、マルクス=アウレリウス=アントニヌス帝の退位した180年までの約100年間を、特に五賢帝時代という。それまで相次いだ皇帝位をめぐる血腥い事件もなく、政局は安定し、またローマ帝国の領土が最大となるなど、その最盛期を迎えた。この帝位は、ハドリアヌスをのぞき、有能な人物が前帝の養子となる形で継承された。
引用元:五賢帝 http://www.y-history.net/appendix/wh0103-076.html

五賢帝(ごけんてい)とは、1世紀末から2世紀後期に在位したローマ帝国の5人の皇帝、またその在位した時代のこと。しばしばネルウァ=アントニヌス朝(英語:Nerva–Antonine dynasty)とも称される(この場合はルキウス・ウェルス、コンモドゥスも歴代皇帝に含まれるが)。共和政時代から続いてきた領土拡大が一種の集大成を迎え、ローマ帝国始まって以来の平和と繁栄が訪れた。パクス・ロマーナと呼ばれる時代の一角をなす。

五賢帝は、その後継者に比較して穏健な政策によって知られる。時期としては紀元96年のドミティアヌスの死から、紀元180年のコンモドゥスの登位に至る時期を指し、ネルウァ、トラヤヌス、ハドリアヌス、アントニヌス・ピウス、マルクス・アウレリウスの5人の皇帝が該当する。また、トラヤヌスの統治時代がローマ帝国の領土最大期だった。
ネルウァ(Marcus Cocceius Nerva)
トラヤヌス(Marcus Ulpius Nerva Trajanus)
ハドリアヌス(Publius Aelius Traianus Hadrianus)
アントニヌス・ピウス(Titus Aurelius Fulvius Boionius Arrius Antoninus Pius)
マルクス・アウレリウス(Marcus Aurelius Antoninus)
引用元:五賢帝 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BA%94%E8%B3%A2%E5%B8%9D