ニケーア公会議「最初の公会議」エフェソス公会議「ネストリウス派排斥」コンスタンツ公会議「フスらを有罪」


次の公会議と
その説明の
正しい組み合わせを選びなさい
ニケーア公会議───最初の公会議
コンスタンツ公会議───ウィクリフ、フスを有罪に
エフェソス公会議───ネストリウス派を排斥
44%

325年、コンスタンティヌス帝が主催したキリスト教教義を決する最高会議である公会議。アタナシウス派を正統、アリウス派を異端と決した。ニケーア(ニカイアとも表記)は小アジア西部にある、現在はトルコ領の小都市イスニック。

 313年にミラノ勅令でキリスト教を公認したローマ帝国の皇帝コンスタンティヌス帝が、325年にが主催して小アジアのニケーア(ニカエアと表記することもある)で開催したキリスト教の教義を決する最高会議。キリスト教における、最初の正統教義を決定した重要な公会議となった。
 その前年の324年、コンスタンティヌス帝は自らキリスト教徒であることを宣言、翌325年にニケーア(ニカイア。小アジアのニコメディアの近く)に約300人の司教を集め、コンスタンティヌス帝自ら黄金の椅子に座り議長を努めた。公会議とは、キリスト教教会の全体意志を決定する重要会議で、これ以後、何度も開催される。一般に宗教会議とも言われるが、ここでは固有の意味を持たせて公会議という。ここでは、イエスの神性を否定するアリウス派と、イエスの神性を認めるアタナシウス派の両派が激しく論争を展開した。
引用元:ニケーア公会議 http://www.y-history.net/appendix/wh0103-147.html

 431年、東ローマ帝国皇帝テオドシウス2世が開催した公会議。エフェソスは小アジアのエーゲ海岸。議題はネストリウス派のイエス人性説を認めるかどうかであったが、それは異端として退けられ、正統である三位一体説が強化されて終わった。その後、ネストリウス派は東方に拡がり、ササン朝ペルシアを経て、中国に伝えられ、唐では景教といわれて、多くの寺院が建造されたことが知られている。 → カルケドン公会議
引用元:エフェソス公会議 http://www.y-history.net/appendix/wh0103-158.html

451年、東ローマ帝国で開かれたキリスト教の公会議。単性説を異端と裁定し、三位一体説が正統として確立する。

 451年、東ローマ皇帝マルキアヌスが主催した公会議。カルケドンはコンスタンティノープルの対岸のアジア側にある。この公会議では単性説が問題とされ、三位一体説をとるローマ司教レオ1世の要求によって、単性説は異端とされた。これによって、ローマ教会の三位一体説が、キリスト教の唯一の正統な教理として確定した。またローマ司教の権威も高まり、ローマ司教は首位権を主張してローマ教皇と言われるようになる。
引用元:カルケドン公会議 http://www.y-history.net/appendix/wh0103-161.html

コンスタンツ公会議
15世紀のローマ=カトリック教会の公会議。教会の大分裂を終わらせ、フスなどを異端と断定。

1414年から1418年まで、ドイツ皇帝(神聖ローマ皇帝、兼ハンガリー王・ボヘミア王)ジギスムントの提唱で開催された公会議で、大分裂の解消、教会の合同の問題と、改革派に対する対応が話し合われた。まず大分裂の解消では、順次3教皇が退位し、1417年マルティヌス5世が唯一の教皇となり、教会の統一に成功した。また教皇権よりも公会議の決定が優先することも決められた。教義問題では、ボヘミアのフスを異端として有罪とし、火刑に処した。また聖書の英語訳を行ったイギリスのウィクリフも異端であると断定され、すでに死んでいたウィクリフの遺体を掘り出し、改めて火刑にした。 
引用元:コンスタンツ公会議 http://www.y-history.net/appendix/wh0603_1-124.html