ちたれなのふあす


次の文字をいろは歌に
早く出てくる順に選びなさい








60%


次のひらがなを
いろは順に選びなさい







一問多答
次のうち、ひらがなをいろは順と五十音順に並べた時、同じ順番になるものを全て選びなさい
た(答)
な(答)

198TYGMhSxWEl
次の文字を
韓国語における字母の
配列順にしなさい
カ 가
ナ 나
ダ 다
ラ 라
マ 마
バ 파
サ 사
ア 아
引用元:韓国語の字母順『カナダラ表』「カ가」「ナ나」「ダ다」「ラ라」「マ마」「バ파」「サ사」「ア아」 http://seethefun.net/%E6%96%87%E7%B3%BB%E5%AD%A6%E5%95%8F/3762/

いろは歌(いろはうた)とは、すべての仮名を重複させずに使って(アナグラム)作られた誦文(ずもん)のこと。七五調の今様の形式となっている。のちに手習いの手本として広く受容され、近代にいたるまで用いられた。また、その仮名の配列は「いろは順」として中世から近世の辞書類や番号付け等に広く利用された。ここから「いろは」は初歩の初歩として、あるいは仮名を重複させないもの、すなわち仮名尽しの代名詞としての意味も持つ。

現代に伝わるいろは歌の内容は、以下の通りである。
いろはにほへと ちりぬるを
わかよたれそ つねならむ
うゐのおくやま けふこえて
あさきゆめみし ゑひもせす
色はにほへど 散りぬるを
我が世たれぞ 常ならむ
有為の奥山  今日越えて
浅き夢見じ  酔ひもせず (中学教科書) 
古くから「いろは四十七字」として知られるが最後に「京」の字を加えて四十八字としたものも多く、現代では「ん」を加えることがある。四十七文字の最後に「京」の字を加えるのは、弘安10年(1287年)成立の了尊の著『悉曇輪略図抄』に「末後に京の字有り」とあって、当時既に行われていたようである。「京」の字が加えられた理由については、仮名文字の直音に対して「京」の字で拗音の発音を覚えさせるためだという説がある[1]。いろは順には「京」を伴うのが広く受け入れられ、いろはかるたの最後においても「京の夢大坂の夢」となっている[2]。
引用元:いろは歌 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%84%E3%82%8D%E3%81%AF%E6%AD%8C