いたがきまさと板垣真任『トレイス』


2014年に小説『トレイス』で
文學界新人賞を受賞した作家
板垣真任
いたがきまさと(答)
31%

板垣 真任(いたがき まさと、1990年7月17日[1] – )は、日本の小説家。山形県村山市出身。成蹊大学大学院文学研究科在籍中に第119回文學界新人賞を受賞しデビュー。
引用元:板垣真任 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%BF%E5%9E%A3%E7%9C%9F%E4%BB%BB

第119回文学界新人賞(文芸春秋主催)は板垣真任さん(24)の「トレイス」に決まった。賞金50万円。板垣さんは山形県村山市生まれ。現在、成蹊大大学院文学研究科に在籍している。

 また佳作に、小笠原瀧さん(40)の「夜の斧」、森井良さん(30)の「ミックスルーム」が選ばれた。
引用元:文学界新人賞に板垣真任さん – 産経ニュース http://www.sankei.com/life/news/141016/lif1410160029-n1.html

第119回文學界新人賞発表

【受賞作】
トレイス   板垣真任
地方都市の現実と高齢化社会をリアルに切り取った、24歳大学院生の鮮烈なデビュー作
引用元:文藝春秋|雑誌|文學界_1412 http://www.bunshun.co.jp/mag/bungakukai/bungakukai1412.htm