『ナポレオン狂』阿刀田高



阿刀田高の直木賞受賞作は
『クレオパトラ狂』である
×(答)
◯『ナポレオン狂』
66%

阿刀田 高(あとうだ たかし、1935年1月13日 – )は日本の作家、小説家。「奇妙な味」の短編で知られる。2007年から2011年まで日本ペンクラブ会長を務めた。

1978年、短編集『冷蔵庫より愛をこめて』が直木賞候補となる。1979年、短編『来訪者』で第32回日本推理作家協会賞を受賞。1979年、短編集『ナポレオン狂』で第81回直木賞を受賞。1995年、『新トロイア物語』で第29回吉川英治文学賞を受賞。2003年、紫綬褒章。2007年より日本ペンクラブ会長。現在は新田次郎文学賞、直木賞、小説すばる新人賞選考委員、講談社『小説現代』のショートショート・コンテスト選考者を務めている。2012年4月に山梨県立図書館館長に就任した。
引用元:阿刀田高 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%98%BF%E5%88%80%E7%94%B0%E9%AB%98


ナポレオン狂
講談社文庫
ナポレオンキョウ
著:阿刀田高

自らナポレオンの生まれ変りと信じ切っている男、はたまたナポレオンの遺品を完璧にそろえたいコレクター。その両者を引き合わせた結果とは?ダール、スレッサーに匹敵する短篇小説の名手が、卓抜の切れ味を発揮した直木賞受賞の傑作集。第32回日本推理作家協会賞受賞の「来訪者」も収録する。
引用元:『ナポレオン狂』(阿刀田高):講談社文庫|講談社BOOK倶楽部 http://bookclub.kodansha.co.jp/product?isbn=9784061362352