フマーユーン廟


インドのデリーにある
この世界遺産は?
ンーーマユフ廟
フマーユーン廟(答)
31%

フマーユーン廟(英語: Humayun’s Tomb、ヒンディー語: हुमायूँ का मक़बरा、ウルドゥー語: ہمایون کا مقبره‎)は、インド共和国の首都デリーにある、ムガル帝国の第2代皇帝フマーユーン(Nasiruddin Humayun、همايون)の墓廟。インドにおけるイスラーム建築の精華のひとつと評され[1]、その建築スタイルはタージ・マハルにも影響を与えたといわれる。

ムガル帝国第2代皇帝フマーユーン は、1540年、ビハールの地をしたがえたパシュトゥーン人(アフガン人)の将軍でのちにシェール・シャーと名乗るスール族のシェール・ハンに大敗し、これ以降インド北部の君主の座を奪われてペルシアに亡命し、流浪の生活をおくった。やがてイラン(ペルシア)のサファヴィー朝の支援を受け、シェール・シャー死後の1555年にはアーグラとデリーを奪回して北インドの再征服に成功したが、翌1556年に事故死してしまった。
フマーユーン死後の1565年、ペルシア出身の王妃で信仰厚いムスリマであったハミーダ・バーヌー・ベーグム(ハージー・ベーグム)は、亡き夫のためにデリーのヤムナー川のほとりに壮麗な墓廟を建設することを命令した[2][注釈 1]。時代は、アクバル大帝治世の前半にあたっていた。
伝えられるところによれば、ペルシア出身の建築家サイイド・ムハンマド・イブン・ミラーク・ギヤースッディーンとその父ミラーク・ギヤースッディーンの2人の建築家によって9年の歳月を経て完成されたという[3][注釈 2]。その建築は、ムガル帝国の廟建築の原型を示すといわれている。
1993年、ユネスコ(国際連合教育科学文化機関)世界遺産(文化遺産)に登録された[4]。
引用元:フマーユーン廟 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%83%A6%E3%83%BC%E3%83%B3%E5%BB%9F

フマーユーン
ムガル帝国の第2代皇帝。一時アフガン勢力にデリーを奪われ、イランに逃れた後に1555年に奪回した。

 ムガル帝国初代皇帝バーブルの跡を継いで、1530年にデリーで即位。ムガル帝国の支配力はまだ弱く、特にベンガル・ビハール地方のアフガン勢力が強大な敵対勢力であった。1539年と40年の戦いでフマーユーンは敗れ、デリーを放棄してシンド地方に逃れた。デリーにはアフガン系のスール朝が成立し、シェール=シャーがスルタンを称した。フマーユーンはシンドからイランに逃れ、サファヴィー朝のスルタンからシーア派の教義を受け入れることを条件に亡命を許された。1545年にシェール=シャーが暴発事故で急死し、スール朝が混乱した隙に、サファヴィー朝の軍事的支援を受けたフマーユーンはインド奪回に向かい、1555年にデリーを奪還した。こうしてインドでスール朝は滅び、ムガル朝が復活した。

Episode 皇帝の急死
 しかしその翌年、フマーユーンは礼拝の時を知らせるアザーンの声を聞いて、急いでモスクに向かおうとして、階段を踏み外して落ち、あっけなく死去してしまった。ムガル帝国は14歳のアクバル帝が第3代皇帝を継承した。<辛島昇編『南アジア史』新版世界各国史7 山川出版社 p.253>
引用元:フマーユーン http://www.y-history.net/appendix/wh0804-004_2.html