ギルダンライオ ルネサンス期の画家「花飾り」

062DEJiiYTdmB
「花飾り」という意味がある
ルネサンス期のイタリアの画家
ギルダンライオ
Ghirlandaio

ドメニコ・ギルランダイオ(Domenico Ghirlandaio, 1449年 – 1494年1月11日)は、ルネサンス期のイタリアの画家。
15世紀後半のフィレンツェの人気画家であったギルランダイオの作品は宗教画が主であるが、その画面には当時のフィレンツェの実在の人物や日常生活が描き込まれ、宗教的な厳粛さよりは世俗性が勝っている。
>本名はドメニコ・ビゴルディ。イタリアのゴシック期、ルネサンス期の画家には、もっぱら通称で呼ばれる者が多いが、この画家もその一人で、「ドメニコ・ギルランダイオ」とは、「花飾りのドメニコ」の意である。
引用元: ドメニコ・ギルランダイオ – Wikipedia.